東京ミュウミュウキャラクター紹介!新作アニメ化一番かわいいのは誰?

東京ミュウミュウ




東京ミュウミュウが新作アニメ化企画がスタートしていますが、声優オーディションが行われ誰が合格になったのでしょうか?タイトルは「東京ミュウミュウ にゅ~♡」となっていますが、新作を見る前になかよしで連載されていた漫画や2002年に放送されていたアニメはどんな感じだったのか?登場するキャラクター味方と敵勢力、声優、物語を振り返りながらまとめていきたいと思います。

アニメと漫画は何が違うのか?

なかよしで連載期間が2000年9月号から2003年2月号まで、シナリオは吉田玲子先生、作画は征海未亜先生です。続編として東京ミュウミュウあ・ら・もーどが2003年4月号から2004年2月号まで同誌で連載されました。

アニメの放送期間が2002年4月6日から2003年3月29日されるが漫画のように続編はなかった。

アニメと漫画の物語はだいたい一緒ですが、漫画の方が少し大人向けで最終回に主人公の桃宮いちごが青山君と海外へ旅立つことになります。その後に「あ・ら・もーど」に続きます。アニメはエイリアンとの最終戦後に新たなる敵が出現したとして物語が続く展開となりました。

ここからスイーツと動物を連想させてプリキュアアラモード誕生のヒントにつながったのかもしれません。

グッズ関連

[itemlink post_id=”15459″]

アニメOPテーマ「my sweet heart」26話と43話の挿入歌「グライダー」は小松里賀さんが担当し、EDテーマ「恋はア・ラ・モード」はミュウミュウ声優5人が担当しています。

VHSとDVDが発売されていました。当時はまだビデオテープが主力でDVDが出始めた頃になります。美少女戦士セーラームーンやCCさくらのDVD-BOXなど何回か発売されていたがミュウミュウはBOX化されることはなかった。

ゲームはPS版がRPGでGBA版はパズルゲームとなっています。

2020年4月に初のBlu-rayBOXが発売されました。

キャラクター紹介

登場するメインキャラクターは東京ミュウミュウの5人。桃宮いちご、藍沢みんと、緑川れたす、黄歩鈴、藤原ざくろ。μプロジェクトを始動した白金と赤坂。敵勢力であるエイリアンのキッシュ、パイ、タルト、ディープブルー(青山雅也)です。サブキャラとしては学校の同級生の本条みわ、柳田もえ、桃宮家が多く、各話に巻き込まれるキャラクターがいます。

桃宮いちご/ミュウイチゴ

桃宮いちごミュウイチゴ

声優は中島沙樹さん
第三中学校1年生
身長152cm
体重42kg
誕生日3月15日
血液型O型

イリオモテヤマネコの遺伝子でミュウイチゴに変身する。性格は真面目だが多少ドジなところもあり天然ボケ。カフェでは文句を言いながらも誰よりも一番働いている。みんととは喧嘩が多いが何かと協力する場面が多くみられる。猫化の影響でドキドキ興奮すると猫耳と猫尻尾が出てしまい隠すことが多く。完全に猫になることもあり、その影響で猫との会話が可能になった。

青山のことが好きだが白金が優しくしてくれと、ドキドキして好きなのかと思われる場面が多く描かれている。青山と両想いだと知り、ミュウミュウであることを隠していたが、初めて会った日から正体を知られていた。蒼の騎士の登場により、正体が白金なのではないかと疑い意識するようになった。

キッシュにしつこく迫られ仲間になるように説得され断り続ける。最終決戦に自分を守るために倒された姿を見て号泣する。青山の正体がディープブルーだと知り、地球を守るため戦う決心をする。

藍沢みんと/ミュウミント

藍沢みんとミュウミント

声優はかかずゆみさん
中学1年生
身長145cm
体重38kg
誕生日10月3日
血液型A型

ノドジロルリインコの遺伝子でミュウミントに変身する。藍沢財閥のツンデレお嬢様である。性格がかなり厳しく、髪形はお団子ツインテールだがウェーブショートヘアになるシーンもあり、身長は低いが脚は長くてスタイルも悪くない。趣味はバレエで身体が柔らかく戦闘時にも回避が得意で飛行可能。

家族と一緒に過ごす時間がなく、兄とは仲良しだったがバラバラの生活になりほとんど会話がなかった。いちごたちのおせっかいで昔のように仲を取り戻した。実はかなりのブラコンである。

カフェではいつも紅茶を飲んでサボり、いちごに的確な指示を出している。自分で動かず人を使うのが上手い。流石に忙しくなると手伝いをする。いちごと喧嘩が多く嫌味を言い、意地悪女と言われている。

ざくろのことが好きだが、拒絶されてしまい傷つくこともあった。ひとりひとりが成長させるため、ざくろの芝居により誰より地球を守る戦士として、一番強く成長したことが描かれている。

愛犬のミッキーを飼っていて、ミュウミュウを脱退しようとした時、戦うための理由をくれたのもミッキーだった。鳥類と会話をすることができて、ミュウアクアを運んできてくれた白鳥たちを助けようと必死に行動する。

最終決戦では戦意喪失したイチゴを殴り気合を入れさせる。今まで頑張ってきた姿を一番近くで見守ってきたからできた行動である。

緑川れたす/ミュウレタス

緑川れたすミュウレタス

声優は佐久間紅美さん
奥村大付属中学校2年生
身長161cm
体重47kg
誕生日4月29日
接液型B型

スナメリの遺伝子でミュウレタスに変身。実は泳げない。パシリとして使われていたが、いちごに出会いミュウミュウとなりカフェで働くようになった。性格は大人しくて優しいが、ものすごく人を信じる強い心を持っている。初恋は残念ながら告白することなく失恋してしまうが、白金のことが好きになり海に落ちて救出する際にキスをしている。

ミュウアクアの影響で二弾変身可能。人魚のような姿で水中での活動ができる。家族構成は父、母、弟の4人で全員が眼鏡をかけている。手先が器用で人形やぬいぐるみを作ることができる。

黄歩鈴/ミュウプリン

歩鈴ミュウプリン

声優は望月久代さん
小学6年生
身長138cm
体重32kg
誕生日8月7日
血液型O型

ゴールデンライオンタマリンの遺伝子でミュウプリンに変身する。中学生ではなく小学生であり家族のために、芸をしてお小遣い稼ぎをしている。いちごに付きまとい嫌がられるが、仲間になりカフェで働くようになりました。家族構成は父は家に格闘技の達人で帰って来なくて、母は病死、5人の弟妹がいる。全ての家事をこなし母親代わりとなっている。いつも明るく元気に振る舞っているが、保育園の先生に母親の面影を重ねて甘える一面を持っている。

常に身軽で戦闘時も回避能力が高く必殺技を連発することもある。敵対していたエイリアンのタルトとやり取りする場面が多く、最後には和解する。

藤原ざくろ/ミュウザクロ

藤原ざくろミュウザクロ

声優は野田順子さん
中学3年生
身長172cm
体重49kg
誕生日9月6日
血液型AB型

ハイイロオオカミの遺伝子でミュウザクロに変身する。家族構成も全て謎に包まれていて明らかにされていない。6か国語をマスターしていてモデルをしている。仕事では笑顔を振り待っているが、それ以外は無表情でカフェでは愛想が悪い。冷たい態度をしていたが必死に助けようとしいてくれたいちごを見て信用した。

仲間に加わってから、少しだけ性格が柔らかくなった。中学生とも思えない大人びていて、状況を先読みしてフォローしていた。家族に誕生日をお祝いしてもらえず、悲しんでいる女の子のファンを自分と重ね合わせ、一緒に過ごしてあげる優しい一面もある。

いちごとみんとが喧嘩をして脱退する時も、ミッキーに協力をしてもらい戦う理由を気付かせた。オオカミなので犬との会話能力を持っている。更なる成長をさせるため裏切るような行動をしていた。エイリアンであるパイに匹敵する能力を持っている。

白金稜/アルト

白金白金稜

声優は遠近孝一さん
高校生

μプロジェクトを始動したミュウミュウのリーダーで金持ちで天才の高校生。表向きのカフェではオーナーを務めていて、本当の目的は地球を狙うエイリアン対策とミュウアクアの確保。

アメリカの学校では天才で浮かれていたので他の生徒とは毎回のようにトラブルを起こしていた。母は優しくいつも怪我の手当てをしてくれた。考古学者である父が遺跡で未確認生物の研究をしていたが、キメラアニマにより火災に巻き込まれて命を落とす。この時に母も巻き込まれて家族をすべて失う。

父のノートと研究内容を全て覚えていて、意志を引き継ぎ日本の東京でμプロジェクトを完成させる。本当に安全なのか確認するために自らイリオモテヤマネコの遺伝子を撃ち込み猫になってしまった。自分の意思で変身できるようになり10以上猫のままでいると人間の姿に戻れなくなってしまう。猫化してしまったいちごを助けるべくアルトと名乗り猫に変身する白金だったが、正体を見られてしまった。

口が悪く不愛想だが、いつもみんなのことを心配していて見守っている。いちごとの関係が多く描かれていたが特に進展はなかった。レタスの想いにも気が付かず、こちらも進展がないまま終わった。

赤坂圭一郎

赤坂圭一郎赤坂

声優は緑川光さん

白金博士の助手をしていて、白金とは昔からの付き合い。博士が亡くなってから白金と日本でμプロジェクトを始動させた一人。カフェのパティシエで全てのケーキやスイーツを作っている。記事などで紹介されカフェの利益は右肩上がり、いちごの話をごまかしたりして対応したり、面倒なことがあると何かしら口実をつけて姿を消す。

交際していた彼女がいたのだが、お互い研究が忙しく、バレンタインや誕生日などの時間を一緒に過ごすことができなくなり別れを告げす会うことがなかった。蝶の研究をしている彼女のことを思い、毎年蝶のデザインをしたケーキを作っている。再開して想いを伝え再び付き合うことはできなかったが、お互い止まっていた時間を動かすことができた。

青山雅也/蒼の騎士/ディープブルー

青山雅也ディープブルー

声優は緒方恵美さん

性格は穏やかで真面目。剣道部のエースで女子からの人気が高く練習風景ではいつもファンが押し寄せている。入学当時からいちごのことが気になっていて一緒に出掛けるようになる。地球環境のことを非常に考えていた。両親がいなくて物心がついたころには孤児院で育てられていて、今の両親に養子としてもらわれた。期待に応えるため、いい子でいる選択肢をして猛勉強して成績も全てTOPで何事にも取り込んできたが、表向きの人付き合いに飽き飽きしていた。

いちごがデートに遅刻してもミュウミュウの活動で遅くなったことを知っていたから何も言わなかった。いちごに告白して両想いであることを告げ、蒼の騎士として自分でも気が付かないままイチゴを助けていたが、いつしか自分の意思でイチゴを守ろうと変身して姿を明かす。

地球を守るためではなく、イチゴを守るためでないと変身できず、感情が高まると制御することができなくなり山を引き飛ばすほどの力を秘めていた。そんな自分が何者なのか不安になり、同じイチゴの泣いている夢ばかりをみるようになった。

青山、蒼の騎士、ディープブルーは三位一体で、青山と蒼の騎士は目覚めるまでの仮の姿であった。自分の意思とは関係なくディープブルーが目覚め、地球を滅ぼそうとする。イチゴの声に反応し意思を取り戻すが、ディープブルーと身体を取り合う。最後は体内にあるミュウアクアを解放し失われた命と自然を復活させた。

キッシュ

キッシュキッシュ

声優は阪口大助さん

地球から人間を排除しようと企むエイリアンの一人。最初にいちごに興味を抱きキスをする。何度も戦っている間にいちごを好きになってしまい、振り向いて欲しくて行動するが何度も失敗する。それでも諦めることができなくて仲間にしようと企むが失敗する。

パイとタルトと協力する面もみられるが、いつも単独行動で危険な賭けも実行する。母星を救うのが本来の目的であるが、ディープブルーは正体を見せず命令ばかりするため逆らっていた。ミュウミュウにとどめを刺そうとしたパイを裏切り、いちごを倒すのは自分だと、目を覚まさせて危機を救う場面も見られる。

蒼の騎士の力を利用し母星を救おうと計画をするが、正体がディーブブルーだと知る。いちごの命を奪われそうになり油断させて倒そうとするが、倒されてしまう。最後はミュウアクアの力により復活し、いちごたちを要塞から脱出させ粒子化させて地球への被害を防ぎ、ミュウアクアを使い母星復活への道を歩む。

好きな女の子のために一生懸命考えて行動し、一緒にいたい、救いたい、助けたいという気持ちが非常に強く憎めないキャラである。

パイ

パイパイ

声優は神奈延年さん

エイリアンの中で一番ディープブルーに忠誠を誓い自分の使命を果たそうと尽くした。情報収集をして作戦を考え実行するという計画性が高く無益な戦闘はしないと判断能力が極めて高い。戦闘でも扇子を使い風と電気の技を使いミュウミュウを苦しめた。キッシュとは対立し意見が合わない時が多いが、母星を救いたいと願う気持ちは共通していた。

陽動作戦を仕掛けたり偽物の桃宮イチゴを仕向けたりと回りくどいこともあるが、レタスの声を聞いて戸惑うこともあり、最終戦で裏切ったタルトを倒したが、要塞からのエネルギーが放出されミュウミュウを命を懸けて守り抜いた。最後はミュウアクアの力で復活し地球に被害を出さないように要塞を粒子化して母星へ帰った。パイがいればミュウアクアを正しい方向に使い母星を復活させることができるであろう。

タルト

タルトタルト

声優は浅井清己さん

エイリアンの中で一番最年少のため、キッシュとパイに何かと指示を出されることが多い。地球を人間から奪い返すために、いろんな悪さをするが歩鈴のことが気になり始める。関東を落盤させようとキメラアニマを使いドームを落とそうと計画を実行するのだが、地下に閉じ込められた際に酸素が無くなりかけて、苦しんでいる歩鈴を助けドームが落盤するのを防いだ。人間を倒そうとする一方かわいそうだという考えが強く、最終決戦でもイチゴをフォローしパイと戦い敗れた。植物を操る能力を持っている。

物語

東京ミュウミュウカフェミュウミュウ

地球の環境問題がテーマとなっていて、絶滅危惧種のレッドデータアニマルのDNAの影響で5人の戦士が誕生する。人間を絶滅させようと企むエイリアンのキッシュ、パイ、タルトとミュウアクアを争奪するため戦闘が始まる。

メインは桃宮いちごが片想いしてる青山との関係を描かれているが、両想いになってからも隠し事など問題があり、少しグダグダしているように感じる。各キャラが主役の話もあるが、みんとが多く活躍するシーンがあります。

作画で目が大きすぎて違和感を感じる時や、青山のキャラが別人の時があった。エイリアンとの戦闘が全くない話もあり、みんと&ざくろの話はシリアスだったりと面白く感じます。

一番かわいいのは誰?

藍沢みんと藍沢みんと

一番かわいいのは「藍沢みんと」だと思います。単にツンデレお嬢様ってこともありますが、ミュウミュウの中でカフェに一番早く来ていつでも出動できるように準備している。仕事はサボるが任務は真面目に活動し、どんな時でも冷静で取り乱すことが少ない。そのため未来がどうなるか先読みして見えなくていいことも察してしまう。婚約者の話があるらしいが、ざくろお姉様命。アメリカへ行くという噂を信じて、自分もついて行こうとする。ザクロと対立し憧れのお姉様を超え、ミュウアクアを手に入れた時はカッコイイシーンは見どころ。声優の演技力が高い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)