とらドラ6話感想「ほんとの自分」ストーカー被害に遭った川嶋亜美

川嶋亜美
スポンサーリンク



とらドラ6話「ほんとの自分」の感想です。雑誌モデルの川嶋亜美が転校してきて大河とトラブルを引き起す。亜美は北村の幼馴染で表と裏の性格が悪く二重人格である。彼女は仕事を休業してまで大橋高校に転校してきたのだろうか?竜児と大河はコンビニの帰り道に、変装した亜美を目撃する。

川嶋亜美のストーカー

川嶋亜美川嶋亜美

学校で人気を集めた亜美は教室でダイエットの話しをしていたのだが、大河と実乃梨が亜美のお腹を触りまくる。隠してたお腹の肉をみんなに知られてしまうのだった。倒れた亜美は怒りの表情を見せるが周囲には泣いてみせるのだった。

「先生!川嶋さんがお腹にお肉を隠してます。」

「遠足に持って行くお肉は300円までと決まってるんだよ。これが300円分の贅肉か?これは肉まんの分。これは高級アイス。これはアメリカンドックの分。」

「あいつら!」

川嶋亜美逢坂大河

学校の屋上からカメラを持った男誰かを捜している様子を目撃する。帰り道、亜美は竜児に縋りつき助けを求めてくる。ベタベタしている二人を見て大河は近くにあったゴミ箱を投げつける。

「高須君お願いちょっと一緒にいてくれない?」

「おい!いつまでくっついてんだ?私の存在をきれいサッパリ無視して、この公然わいせつ女が!」

「モデルやってるとたまにこういうことあるんだ。ファンの人に絡まれたりというか。わざわざ転校までしたのに。」

かくまって欲しいとのことで大河は二つの選択肢を与える。隙間風吹く木造借家とオートロックでセーフティな高級マンション。亜美は大河のマンションを選ぶのだった。竜児が作った金柑のハチミツ漬けをソーダで割って出した。

「ったくこんなの飲ませておいて、何がダイエット戦士だよ?脳みそまでチビじゃねー?」

「ほんと見事に変わるわね。本性クラスのみんなに見せてやりたいわ。」

「ほんとの自分なんて見せる気ないっての。」

「ほんとの自分を見せる気はない?作り物の自分を見せてもらおうじゃない。」

スポンサーリンク

川嶋亜美の本性

川嶋亜美川嶋亜美

翌日、亜美は疲れ果てた顔をしていたのだ。大河は数時間においてものまねメドレー150連発をやらせたのだ。やらないと外へ出すと言われて必死にやっていたが、その話を聞いて北村は大河にお願いにやってきた。

「外面だけ接してるうちはいつまで経っても本当の友達はできない。本性を知ってるお前たちにあいつのことをお願いしたいんだ。逢坂、頼むお前は数少ない女友達なんだよ。」

「こいバカチワワ!餌の時間だいいから来い!」

ものまね150連発の動画を撮影していてバラすと脅迫し一緒に昼食をすることになった。実乃梨の弁当は大きいが低カロリーでこんにゃくとエリンギと糸こんごご飯だった。そこで竜児と大河の弁当が一緒だと気づかれた。大河は竜児の弁当のおかずを全部食べてごまかした。

転校してきた理由

川嶋亜美川嶋亜美

放課後、北村が生徒会主催のボランティア清掃日で協力を求められた。大河の狙いは北村と行動するはずだったが、生徒会は別ルートだったため不機嫌になる。狩野すみれが指揮を取り全員が行動するのだった。

「サボリやがったら承知しねーぞこの野郎!町をなめるんじゃねーこんなんじゃ船から振り落とされるぞこの野郎!」

竜児と亜美、大河と実乃梨のペアに分かれると泥濘にハマったりカエルに出会ったりと亜美は本性をすぐに出す。

「うわ汚ねー!なんだこれちくしょう!いやー取って!もうこんなことしたくねーっつーの!」

「なあーもういいだろ?そういうの。なんでこんな面倒な作業にでてきたんだ?」

「意味わかんない?高須君は通じないんだ。」

「外面なんかこっちにはとっくにバレてるんだぞ?素の顔でさ?」

「私はこの顔じゃないとダメなの。私の気持ち分からないんだよね?」

雨が降りだし亜美は表情を変え走り出す。追いかける竜児は亜美がストーカー被害に遭ってることを知る。モデルの仕事を休み、転校して引っ越してきた理由はストーカーに追いかけられていたのだ。そこへ大河と実乃梨がやってくると男にカメラで撮影されてしまった。ゴミ袋を投げつけ雨の中追いかけるのだった。

逢坂大河川嶋亜美

「かわいいミニサイズ妖怪発見。」

「妖怪だ?アンタみたいな不審者風情に妖怪呼ばわりされる筋合いないわね。誰に断って写真撮ってんのよ?アンタ相当気持ち悪いわよ?そのカメラ持ち主ごと壊してやる!待てーい!」

「なんであの子怖くないの?私引っ越しして転校までしてイライラしてストレス溜まってお菓子喰っちゃって、これって亜美ちゃんがくだらない野郎にも大河にも負けてるってことだよね?高須君さっきとりつくるの止めろって言ったよね?分かったよやめてやる。やめてやる。やめてやる。この性格悪い面のまま生きてやるよ!私だってやられっぱなしじゃねーっつーの!」

川嶋亜美川嶋亜美

「俺の知ってる亜美ちゃんじゃない天使じゃない性格悪いよ。」

「亜美ちゃんこんなにかわいいんだし性格なんてどうでもいいの!」

ストーカー男を追いかけカメラを踏みつけ破壊し鬼のような顔を脅えて逃げて行った。竜児の家に行って金柑ハチミツを出してもらうとそこで大河が帰ってきた。竜児と亜美が急接近か?

「高須君は私が本当の自分を見せたら好きになる?」

次回「プールびらき」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)