HGUっとプリキュア5話感想「宙を舞え!フレフレ!キュアエトワール!」

スポンサーリンク



変身失敗

プリキュアに変身失敗してしまった輝木ほまれですが5話でキュアエトワールに変身します。はなとさあやに誘われて力を貸すことに、ハリーの店のイメージを考えてくれました。お店の写真をキュアスタにUP!インスタのことですね。

5話のタイトルが「宙を舞え」ですが「空を舞え」と読みます。宙を空って表現すのはガンダムですね。

スポンサーリンク

クライアス社

クライアス社では失敗続きのチャラリートが上司に注意されてしまいます。チクったのはルール―ちゃん(田村ゆかり)

「ちょっと待ってくださいよなんで俺ちゃんが罰を?」

「組織運営において報告連絡相談は重要!罰せられるのは当然のこと」

「とっておきの作戦があるのですチャンスを下さい」

社長の許可が出てもう一回チャンスをくれるみたいですが失敗したら処分されます。しかしルールーちゃんがかわいい。報告、連絡、相談「ほうれんそう」は大切ですからねクライアス社では社員ががダメでバイトが優秀ですが、私の会社では変わろうとしない社長たちがダメなので、部長や主任と下の人間が頑張っても土台がダメなものは総合的にダメになっちゃいます。

応援

ほまれは写真を見て「自分のこういう顔久しぶりに見た」と驚いていた。「ねえ!なんで今日わたしのこと誘ってくれたの?プリキュアになれなかったんだよ?」とはなに質問する。

「私ほまれちゃんが好きだし仲良くなりたいんだ!」素直な気持ちを伝えるがほまれははぐたんと散歩してくる。追いかけようとするがハリーに止められる「十分頑張ってるやつに応援するのは酷だ」

そのとおりですね必死で頑張って成果出ないときに応戦されたら、これ以上何をどう頑張ればいいんだと嫌になってしまうこともあるので、応援はほどほどにしたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

「人を応援するってすごく難しいことだと思うでもこのままじゃ」

「あんなほまれちゃんやっぱりほっとけない」

この二人おひとよしのおせっかいですね。

「なんで私こうなんだろ?みんな私の事心配してくれてるわかってる。あの頃の私に戻りたいな」

ほまれの後をついてきた、はな&さあや。

「ごめんね応援してくれたのにキツイこと言っちゃった」

「私もごめんなんて言葉かけていいかわからなかった。私ほまれちゃんみたいになりたい!美人でかっこよくて大人で」

「私はあんたみたいになりたい!明るくて素直でみんなあんたみたいな子好きでしょ?」

「なりたい野乃はながあるの!だか頑張るの!」

「ほまれさんのこと好き!私やはなにできないことがほまれさんにできる。ほまれさんにできないことが私たちにできる。私たちきっとすごく仲良くなれる」

「ほまれちゃんて呼ばれるの恥ずかしい」

チャラリートがほまれを捕まえる。身長が伸びてからジャンプ成功しなくなったことを指摘されてしまう。絶望してる人間のほうがオシマイダーになると強くなるみたいですね。

「発注!オシマイダー」

キュアエトワール

「もう飛べないんだ・・もう輝けないんだ・・もう未来はない・・怖いでも、もう一度飛びたい!輝きたい!心が溢れる!」ほまれから再びミライクリスタルが出てきて掴む!

「応援されるのが怖い飛ぶのも!けどもう自分から逃げない私は私のここに勝つ未来に輝く!ミライクリスタル輝く未来を抱きしめて!力のプリキュアキュアエトワール」

OPが流れてやっと変身できました。力を合わせてオシマイダーを倒しました。「負けた俺ちゃんおしましだー」これでチャラリート処分される解雇かな?

キュアエトワールの必殺技はハートスターってチェーンみたいのですね。プリキュアGoGO!のキュアレモネードのプリズムチェーン同様です。

最後は名前を呼び捨てで呼ぶようになりました。

小倉唯ちゃんもやっと変身できてよかった。

次回「笑顔満開はじめてのお仕事」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください