魔法騎士レイアース15話感想「第二の魔神・空神ウィンダム」

ウィンダム
スポンサーリンク



イノーバ出撃

イノーバ

ザガートはイノーバに出撃命令を許可し、マジックナイトの元へ向かうのだった。その頃セフィーロは嵐に見舞われていた。フェリオが合流したいと要望があって向かうが、途中に女が倒れていて救助し洞窟へやってきた。この女は弟のために薬草を取りにきてたんです。

セフィーロには嵐という気象現象が今まで起こったことがなかった。ものすごい速さで消滅に向かっていることをフェリオから伝えられる。夜に女とフェリオが話していて風がヤキモチやいてしまう。スープを作ってもらい朝には行動するが、「余計なことは考えるな!お前なら必ずセフィーロを救えるお前を信じている」かっこいいよフェリオ。

フェリオは高熱と麻痺で身動きがとれなくなってしまう。高熱の原因は分かるが麻痺は一体なぜなのだろうか?女が作ったスープに毒が仕組まれていたのです。この女の正体はイノーバ。

「特別なハーブはお気に召したかな?」

スポンサーリンク

空神ウィンダム

ウィンダム

神殿に到着すると風が反応して魔神の元へ呼ばれる。大きな鳥が風の前に現れ「我をまとう心の力を示せ!汝が我をまとう証を示せ!マジックナイトとなるためにふさわしい心の力を!」

イノーバの前に光と海が倒されてしまい、風は剣で攻撃するがバリアで防がれる。

「こんなに簡単に片付くなら人質の必要などなかった。あのマヌケな坊やのことさ。お前がここでマジックナイトとなることを諦めると誓えばこの男の命助けてやる。」

「私だけ卑怯な取引に応じるわけにはいきませんわ。あなたを倒してフェリオを助けます!」

「伝説のマジックナイトよ!汝の心の強さ確かに認めた。今こそ眠りから覚め真の姿を示さん!」

魔神ウィンダムが力を貸してくれてイノーバを撃退する。そして防具と武器が成長する。海のセレスと同様に風の中に納まり時を待っている。

無事にフェリオも救助するのだが、フェリオは自分が足を引っ張ってしまったことが許せなかった。「俺のことよりセフィーロをこの世界を救うことを考えてくれ!お前たちならきっとできる。」この言葉に涙を流す風。

光は「ずっと想っていたら大丈夫だよ。一生懸命願っていれば会える。だってここは意志の世界セフィーロなんだから」と励ますのだった。

イノーバは作戦に失敗してザガートに謝罪する。真の姿に戻してとお願いするが拒否される。真の姿とは一体?次はラファーガに出撃を命じるのだった。

次回「強敵!剣闘士ラファーガ」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください