魔法つかいプリキュア34話感想「初恋の味はイチゴメロンのパン」

今日の魔法つかいプリキュアは恋がテーマです。中学生の恋か・・・私は中学生では恋しませんでしたね。

スポンサーリンク

「ドキドキ!初恋の味はイチゴメロンパン」ドキドキ!プリキュアじゃないけど
学校のクラスメイトまゆみが他校の男子生徒に恋をします。

魔法つかいプリキュア34話まゆみ""

電柱の後ろに隠れて男を待ち伏せしています。話しかけることはできなくて、みらいの後ろに隠れてしまいます。なんとなく気持ち分かりますね。

魔法つかいプリキュア34話まゆみ

「私、好きな人ができたかも?」

「それって!つまり!恋!」

まゆみの恋の出会いは、雨の日に転んで傘を落して男に拾ってもらった。

「あの人のことを考えると胸が締め付けられるの、ぎゅ~って!」

「そういう時は占いよ!」

魔法つかいプリキュア34話リコ

男の名前が分かないため、かなに協力してもらい情報提供してもらった。制服から学校をつきとめる。

魔法つかいプリキュア34話かな

「毎日魔法つかいを探していろいろ聞き込みしてるから!」

水晶さんにお願いするが、かなにばれそうになりリコが回答する。

「恋とは自分の力で叶えるもの!占いの力を借りてはいか~ん!」

「私たちみんなまゆみの恋を応援するよ!」

「ごめんね!勇気出すって決めたけどやっぱり不安なの。もし嫌われたら」

魔法つかいプリキュア34話かな

「あきらめたら何も始まらないよ!私、魔法つかいは絶対いるって信じてるの!みんなはいないっていうけれどこの目で見たんだもの!私は私を信じてる。」

スポンサーリンク

告白するために、まゆみは手紙を書くことになりした。リコはまゆみに声をかけるが、昔の話を聞かされる。中学に入った頃友達がいなくて、なくしたヘアピンをみらいが見つけてくれたこと。みらいは誰かを助けたりするの好きなんだね。

手紙を渡そうとするが他の人がいるみたいで渡せない。はーちゃんが魔法でハト時計からハト出して分散させる。チャンスだまゆみ!

「好きです!これ読んで下さい!」

手紙を差し出し告白すると彼女がいた。まゆみは手紙をぐちゃぐちゃに丸める。

「ごめんありがとう」男が彼女と立ち去る。そして雨が降り出す。

「彼女いたんだドキドキしても意味なかったな」

魔法つかいプリキュア34話かな

「そんなことない!すごく好きな人ができてそのために頑張ったんだよ!それを意味がなかったなんて言わないで」

まゆみとかなは一緒に顔洗い行く。

「イチゴメロンパンだよ!」

みらいの提案でパンを買いに行く3人。「甘いものを食べれば元気いっぱいモフ~」するとシャーキンス出現

「プリキュア今日こそ我はお前たちを倒し!ん?おいどこに行くのだ?」

「それどころじゃないの!」

「え?」

「友達が失恋して泣いてるの!」

「は?」

「邪魔しないで!」

「訳の分からんことを!」

変身シーンが大幅にカットされてしまってます。ルビースタイルで戦いますがすぐにアレキサンドライト使います。

「刹那的な感情に振り回されて、一喜一憂するとは愚かなことよ」

「愚かじゃないわ!たとえ叶わなかった恋にも意味はある。誰かを好きなって心を熱くする経験は、きっと私たちを成長させるんだから!」

エクストリームレインボーで倒してしまいます。敵キャラで2体ほどでてきましたね蜂と青いキャラ。

「ありがとう泣いてくれたのうれしかった」

魔法つかいプリキュア34話まゆみ

「魔法つかい信じてるって話真面目に聞いてくれてうれしかった。これからは長瀬さんじゃなくてまゆみって呼んでいい?」

魔法つかいプリキュア34話かな

「これからもよろしくねかな」

まゆみとかなの友情がものすごく深まりましたね。空からイチゴメロンパンが魔法使いからの送りものでした。シルエットがリコなんだけど、プリキュアの3人が恋をするのはいつなんでしょうか?

準レギュラーの2人が活躍するお話でした。個人的にこの話は大好きです。

次回「生徒会長総選挙!リコに清き一票を!」

前回「すれ違う想い!父と娘のビミョ~な1日!」


magical

投稿者: magical

アニメの感想とグッズ紹介、おいしいお店とおでかけブログです。
魔法少女系のアニメ主に魔法少女リリカルなのはシリーズ・プリキュアシリーズ・勇者シリーズ・カードキャプターさくらが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)