太陽の勇者ファイバード19話「伝説の秘宝」神の光!黄金を探して

ファイバード
スポンサーリンク



太陽の勇者ファイバード19話「伝説の秘宝」の感想です。ドライアスはジャンゴに計画は失敗ばかりで何も進まないと指摘すると、シュラとゾルと言い争いになる。インカ帝国の古文書50年に一度の祭りで山に神秘の力が宿ると言われていた。神秘の力を手に入れるため作戦を実行するのだった。

伝説の秘宝

サンダーバロンデスタイガー

天野博士もこの情報を入手していて南米にやってきたのだが、村の少年に出会うと火鳥はの大声に驚き逃げてしまう。ジャングルを進むと罠にかかってしまい、祭りの季節にやってきたよそ者は閉じ込めておくのが掟で、牢屋に閉じ込められてしまうのだった。チチクと名乗る少年はケンタの持ってる懐中電灯に興味を持ち交渉をするのだった。

神秘の神の力は光のことで、ばあちゃんが光りを呼び出し悪い奴が浴びいると罰が当たるが良い奴が浴びると幸せになれるらしい。祭りが行われると山に入ろうとするとジャンゴとデスイーグル、デスタイガーが出現する。村を焼きパニックになるとサンダーバロンが駆けつける。火鳥たちは牢屋から脱出し、チチクに案内さればあちゃんの救出に向かう。

ハルカ

山には仕掛けが施されており天井が落ちてきたがゾルには効果がなく、火鳥と博士、ケンタ。ハルカ、チチクの別行動を取ることになった。懐中電灯を奪い合いハルカが注意するとチチクはお礼に野鼠の燻製を渡す。悲鳴を上げて捨てるハルカだがゾルに見つかってしまった。ハルカが暗闇を怖がっているところが意外でしたね。いつもガンガン攻めるのにちょっと弱気な姿を見れる貴重な回でした。

火鳥勇太郎

「悪事のあるところ地球の裏側にだって飛んできてやるぜ!」

扉の鍵を開けると祭壇があり、神の力が光りだと知り無駄足だ知ってしまったジャンゴたち。火鳥はゾルに回し蹴りを決め柱に直撃する。東海しそうになり脱出することになった。杖の鍵を使い山から船で一気に下り滝から落下しそうになりファイバードが受け止める。

ファイバード

サンダーバロンがボコボコにされていてフレイムキャノンを発射。光が真上にくると屈折して強力な光を発射する。フレイムソードでロボットを両断しジャンゴたちは退却する。船は金でできていて祭壇も全て金だった。黄金が掘り出されたら欲望に満たされ争いが起きてしまう。黄金に手を出さないからこそ平和を維持できると、黄金を掘らずにそのままでいた。収穫は野鼠の燻製だけだった。

次回「アメリカ制服宣言」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)