太陽の勇者ファイバード20話「アメリカ制服宣言」三獣合体ドライアス

ドライアス




陽の勇者ファイバード20話「アメリカ制服宣言」の感想です。天野博士は自動モーニングセットの開発をしていたのだが失敗のようだ。新聞を読みながら歯磨きをして朝食も一緒に食べるっておかしいだろこれ?TVでアメリカのワシントンで通信が途絶えて連絡が取れない、数時間後アメリカ合衆国の大統領から発表があり、宇宙皇帝ドライアスに無条件降伏し支配下に置かれてしまった。

アメリカ制服宣言

エースバロン

宇宙警備隊と佐津田と美子も救援隊となり飛行機で向かう。西海岸のロサンゼルスには被害がなくシカゴが襲撃された。ロッキー山脈を境に東側が占領されてしまった。ドライアスの手下であるロボット兵のテシターはどこから連れてきたのか?アメリカ人を奴隷にするにはそれなりに大量生産を行わなくてはならないとハルカは大事なことに気が付いた。

「待てサンダーバロン!敵が多すぎる」

連行されようとしてる人々を見てサンダーバロンは攻撃を仕掛けて逃がそうとする。デスタイガーの攻撃を回避するが後方からデスドラゴンの攻撃を受けてしまう。テシターが多すぎて救助できす西海岸へ避難した。

デスイーグル

佐津田たち救援部隊はアメリカに到着すると迎えがいなくて、テシターの大群に囲まれてしまった。飛行機をデスイーグルに破壊されてしまい、ガードスターとガードレスキューが応戦するが倒されてしまう。ガードファイヤーが駆けつけガーディオンに合体するが、ガードフィアヤーはどうやってアメリカに来たのだろうか?飛行機には乗っていなかったのだが。

テシターの製造工場があることに気が付き、今まで生産されたテシターを一気に倒す方法を見つけるため、1体捕獲するように頼む。ファイバードはガーディオンのピンチを知り救助へ向かう。

三獣合体ドライアス

ドライアスドライアス

「宇宙警備隊ようやく揃ったようだな。貴様たちに俺様の仕事の邪魔はさせん」

デスイーグル、デスドラゴン、デスタイガーが三獣合体してドライアスが姿を見せた。物語中盤でラスボスが登場したのだ。ケンタは背後にいたテシターに気が付かず、佐津田に助けてもらった。

「坊主お前ファイバードの仲間だろ?教えろ奴らの正体を!」

佐津田はケンタを助けたが後ろにテシターがいて捕まってしまった。1体のテシターをケンタが確保したのだがファイバードたちはドライアスに苦戦していた。フレアミサイルもサンダーカノンも効果がなく、肩から発射された虎と龍の頭部ホラーハーケンで吹き飛ばされる。フレイムソードチャージアップで斬りかかるが、デスブレードのデビルフォーンで弾き飛ばされてしまった。

ドライアス

「どうしたもうかかってこんのか?」

「おのれ」

「このままでは人質を助けだせない」

「仕方ない退却するぞ」

宇宙警備隊が初めて敗北した。武装ファイバードはファイヤージェットフレイムブレスター装備時に変形したのは今回が最初で最後である。ガーディオンはサンダーバロンに乗り退却するのだった。

次回「アメリカを奪還せよ」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)