スマイルプリキュア6話感想「チーム結成!5つの光が導く未来」




みゆきたち5人のプリキュアが揃い、これからどうすればいいか目的は何なのか?バッドエンド王国の目的は何なのか?キャンディに問いかけると「伝説の戦士クル」としか分からなかった。そこへキャンディの兄であるポップが登場して物語を話すのでした。スマイルプリキュア6話「チーム結成スマイルプリキュア」の感想です。

ポップ

ポップ

キャンディはポップにものすごく甘えてしまい、ポップは自分のことを拙者といい、かわいいの言葉を嫌い、カッコイイの言葉にものすごく照れて動揺してしまう。伝説のプリキュアの本を取りに秘密の図書館へ向かいます。あの場所へは本棚があればどこからでも出入りすることが可能で、早速ポップが扉を開く。

星空みゆき

世界中のメルヘンが集められた図書館で、伝説の戦士プリキュアの本を読み始めます。メルヘンランドへ悪の皇帝ピエーロが手下を引き入れて攻めてきた。メルヘンランドの女王ロイヤルクイーンは戦うが、力の源であるキュアデコルを奪われてしまった。ピエーロは呪いの絵の具でデコルをアカンベェを生み出す玉に変えた。女王はピエーロを封印したが相打ちになった。キュアデコルを取り戻して女王を復活させるのが目的だった。女王は奇跡の力を送り込みキャンディにプリキュアを探すように指示を出す。

プリキュアの目的

  1. バッドエンドの世界になるのを阻止する。
  2. キュアデコルを集めて女王を復活させる。
ジョーカー

ウルフルン、アカオーニ、マジョリーナを従わせるさらに上の幹部ジョーカーが現れ、プリキュアは全部で5人、ピエーロを復活させるために、人間共の世界をバッドエンドにしてバッドエナジーを集める。ババ抜きで勝利したマジョリーナが人間界へ向かうのだった。

星空みゆき

みゆきはみんなにプリキュアのチーム名と決め台詞を決めようと言い出すが、あかねとなおはどうでもいいような冷たい視線でみゆきを見る。するとヒーローが大好きなやよいは温かい視線でみゆきを見つめる。手をつなぎクルクル回ると、れいかは決め台詞は団結に重要かもしれないとあかねとなおを説得する。

「閃きました。5人揃って5プリキュア!」

星空みゆき

マジョリーナがバッドエンド空間を作り、反応したポップは支持を出す。れいかは本棚を操作して近所の図書館へ向かうが、「ペンギンさん!」みゆきは本棚にあるペンギンの本を見つけてしまい、南極へ飛ばされてしまった。ポップはみゆきを追いかけてキャンディが迷惑をかけていないか尋ねる。頑張りやさんだが寂しがりやで甘えん坊。ずっと笑顔でいてほしいとお願いすると、みゆきは笑顔?スマイルの言葉で新しいチーム名を閃いた。

5つの光が導く未来輝け!スマイルプリキュア

スマイルプリキュア

「みんな遅れてごめん!」みゆきが到着して5人全員が揃って円陣を組む。スマイルパクトでスマイルチャージ!6話でチームメイト決め台詞がきまりました。「決まったぁ~」と思った瞬間にミサイルが直撃して散らばってしまう。

キュアハッピー

ポップはプレス機に変身してプリキュアがアカンベェを押しつぶす。キュアハッピー必殺のハッピーシャワーで浄化してデコルを入手した。今回はものすごい戦闘シーンが早く終ってしまいました。ポップはメルヘンランドでの仕事があるため変えることになりました。キャンディは泣き顔になり涙を流す。みゆきたちが励ますと「キャンディはお腹が空いたクル!」と感動のシーンが笑いに変わった。

次回「どこなの?わたし達のひみつ基地」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)