スタートゥインクルプリキュア35話感想「ひかる生徒会長選挙バトル」

星奈ひかる




スタートゥインクルプリキュア35話「ひかるが生徒会長?キラやば選挙バトル」の感想です。観星中学の生徒会長の引継ぎがあるのだが、次期生徒会長が決まっておらず、姫ノ城桜子が狙っていた。

生徒会長

香久矢まどか

「私は、自分の想いを持ってこの観星中をより良くしていただける方に会長をお願いしたいと思ってます」

まどかは立候補してくれる人を探していた。ひかるは他の星から来てもらって観星中の生徒たちで町を案内したりできたらいいなと思っていると、まどかはひかるを生徒会長として活躍してみないかと話す。

「宇宙からの修学旅行や合同生徒会、実現は簡単ではありません。そういう新しい発想を持った方にこそ次の生徒会長をやってほしい」

まどかから見たらプリキュアとしてもみんなをまとめているリーダーでもある。流れ的にひかるは生徒会長に立候補することになりました。桜子から異議あり、生徒会のことを何も知らないのに出てきて、桜子は自分がやると言い出すが、選挙しようと案が出た。

時機生徒会長選挙が1週間後に迫ってポスターのデザインは母が担当することになりました。みんなから慕われていたまどかをどう思っているか最高の生徒会長と呼ばれていたため、どんな感じなのか意見を集めた。

「香久矢まどか先輩の意思を継ぎ、まどか先輩のやり方で素晴らしい学校にしたいと思います。一歩先を行く気遣いの生徒会長」

姫ノ城桜子も頑張ろうとしているが自分の名前を何回も連呼して、何をしたいのかみんなは理解していなかった。ひかるは周りをよく見てみんなのことを気遣いし始めていたが、疲労が溜まっていた。

ひかるのおばあちゃんは心配していた。夢中になっているのか?好きなことを話している時は幸せそうだが、最近はもっと頑張る大変の言葉ばかりだった。まどかはひかるらしくやってほしいと思っていたのだが、いつもまどかさんにょうにとなっていた。

桜子は学校の設備や花壇のベンチなど色々なことを調べて、どうしたらいいか考えていた。そうしたら自分のことを話している生徒が陰口言ってるのを聞いていしまう。

「姫ノ城さんってさ自分が目立ちたいだけのように見えちゃうんだよね?」

「まどか先輩のように周りを見ている感じはしないよね?」

桜子のメモを拾ったひかるは内容を見てしまう。ひかるは桜子が学校のみんなのことを考えていることを知った。桜子はひかるの剥がれそうなポスターを直そうとしているが、剥がそうとも見える。そこにカッパードが登場する。

歪んだイマジネーション

星奈ひかる

今回のイマジネーションは強力でプリキュアを黒い桜吹雪で追い詰める。

「今日の武器は強い!実に狂おしいほどに強い!これがあの女の想い」

「違う!私何も知ろうとしていなかった。姫ノ城さんのことでも今はもっと知りたい彼女のこと」

「同感だ敵を知れば弱点も知れる。倒すのに好都合というものだ」

「自分のことも知ってほしい分かり合うため、きっとそこから生まれるんだキラやばなものが!」

キュアスター

キュアスターが光り桜吹雪を吹き飛ばし、合体技で浄化するのだった。探しているいたトゥインクルイマジネーションはひかるの中にあるのではないか?

ひかるは桜子にメモを渡し、生徒会長最終演説でひかるは桜子を応援することにした。これは魔法つかいプリキュアで十六夜リコが行った行動と同じ展開。まどかは桜子に生徒会長を引き継ぐのだった。ひかるはまどかさんを追いかけていただけで、桜子は自分のやり方で生徒会長になろうとしていた。

「観星中の金星に真っ向勝負とは100年早い。あなたは観星中の銀河におなりなさい!」

次回「ブルーキャット再び虹色のココロ」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)