トロピカル~ジュプリキュア41話感想「会議だよ!トロピカる部集合!」

トロピカルージュプリキュア




トロピカル~ジュプリキュア41話「会議だよ!トロピカる部集合!」の感想です。トロフェスへ向けて演劇の内容について会議を始めるのだが、物語はローラとみんなの出会いで、タイトルは「ザ・トロピカる部美しき人魚の秘宝」などいろんな意見を出し合う。

だが、中々タイトルが決まらず後回しにすることに。まなつとローラの出会いから始まり、回想が始まる。ここでローラお得意の自己アピールで話を大きく盛る。

会議だよ!トロピカる部集合!

あとまわしの魔女によって壊滅寸前のグランオーシャン。その時、美しい一人の人魚が立ち上がった。

「ローラ…次期女王候補のあなたにお願いがあります。グランオーシャンを救えるのはあなたしかいません」

「分かりました女王様。私が人魚と人間界の掛橋になります」

人間の世界へ向かう途中に、海の中でリップを拾った人魚は、やがてその持ち主の少女と出会う。

「あんなところに美しい人魚がトロピカってるぅ!」

続いてさんご、みのり、あすかとの出会い。これまでの話をまとめて、舞台はヨーロッパの小さな町に設定。ローラはロザリアとして遠い国のプリンセス役。修行に来た街でみんなと出会う。まなつはトロピカル女の子。さんごは花屋。みのりは探偵。あすかは剣士。それぞれが大切なものを見つけるというテーマ。

タイトルは「トロピカル物語」に決定した。

一方チョンギーレ達も魔女様の機嫌が悪いため、これ以上放置すると大変なことになると本気を出していこうと、作戦会議をしていた。失敗続きの為mヌメリーとエルダも参戦するが、プリキュアに勝利することができなかった。

「かったりーのはやまやまだが作戦会議を始める」

「え!めんどくさい」

「明日じゃダメなの?」

「毎日それを言い続けてそろそろ1年だからな何かいい作戦はないか?」

「かったりーまた今度でいいか」

プリキュアの技や攻撃パターンを見極めて研究しようとするが、結局いつものようにあとまわしにするのだった。

今回は回想ということでこれまでの物語を振り返りました。

TVerにてトロプリ冬のおさらいが2022年1月8日まで無料配信されているので、見逃した人はご覧ください。残り10話ほどになりましたが、最終回はどんな感じになるのか楽しみです。

次回「襲撃!最強のヤラネーダ!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)