元彼を殺すため彼女と父親が殺人未遂事件!犯人が育った複雑な家庭環境

大崎市殺人未遂事件




宮城県大崎市古川にて早朝にパトカーのサイレンが鳴り響き殺人未遂事件が発生した。複雑な家庭環境で育った少女が、交際相手と関係が悪化し別れてしまったことが、最悪の事態になってしまった。父親と名字が違うのは何故?中鉢瑞帆とはどんな人物か?元彼と彼女の関係?殺害しようとした理由?自殺しなければならなかったのか?まとめていきたいと思います。ダメな子供がダメな大人になり、子供を育てられない環境で作って産んで育てた結果が事件の発端である。

残酷な恐ろしい事件なので心の弱い人は見ない方がいいと思います。気になる人は複数ある記事の中から分かりやすいものを2つ貼り付けているのでご覧ください。

産経新聞

娘の元交際相手の男性(21)を殺そうとしたとして、宮城県警古川署は4日、殺人未遂の疑いで同県涌谷町小里琵琶首の職業不詳、西條悟容疑者(43)と娘の同県大崎市鳴子温泉大畑のアルバイト、中鉢瑞帆容疑者(21)を逮捕した。男性は重傷。

同署によると、男性の同居家族からの通報を受け現場から逃走していた西條容疑者の行方を追い、4日正午ごろ、同県栗原市内で発見。逮捕の際、カッターナイフで自ら首を切ったため病院に運んだが、死亡した。

2人の逮捕容疑は共謀して4日午前4時10分ごろ、大崎市の男性宅で、男性を刃物で刺して殺そうとしたとしている。中鉢容疑者は「父親がやった。私はやっていない」と容疑を否認している。

引用元:https://www.sankei.com/affairs/news/200704/afr2007040031-n1.html

 

Yahooニュース

大崎市の住宅に父親と娘が押し入り、娘の元交際相手の男性を刃物で刺し重傷を負わせた殺人未遂事件で、男性は体を刃物で何度も刺されていたことがわかりました。 殺人未遂の疑いで逮捕された大崎市鳴子温泉のアルバイト中鉢瑞帆容疑者(21)の身柄は5日朝、仙台地検に送られました。警察によりますと、中鉢容疑者と父親の西條悟容疑者(43)の2人は、4日午前4時すぎ、大崎市の住宅の窓ガラスをハンマーで割って押し入り、中鉢容疑者の元交際相手の男性(21)を刃物で刺して殺害しようとした疑いがもたれています。 その後の取材で、男性の体には左わき腹など5カ所程度、刺し傷や切り傷があったことがわかりました。父親の西條容疑者は現場から車で逃走しましたが、事件からおよそ8時間後、栗原市内の路上で警察官に発見された後、持っていたカッターナイフで自らの首を切りつけ死亡しました。警察の調べに対し娘の中鉢容疑者は、「父がやったことで、私はやっていない」と容疑を認めていないということです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5eec5c3d682e0b93cd4212924dd34228c8aa974d

事件の内容

2020年7月4日の早朝に瑞帆(娘)と悟(父)が二人で、元彼の自宅の窓ガラスをハンマーで割り侵入して刃物で複数刺して殺害しようとしました。家族の通報により警察が駆けつけて彼女は逮捕されるが、父親は現場から車で逃走し、栗原市で発見されるが所持していたカッターナイフで首を切り自殺してしまいます。元彼の命は助かりましたが重傷。彼女は「父がやったことで、私はやっていない」と否認している。

他の記事では、いつものようにFacebookやTwitterは?などと特定しようしたり、憶測でいい加減なことを書き込んでいる。容疑者である瑞帆という人間を一番よく知っているのは、一緒に過ごしてきた同級生たちだろう。もちろん学校や彼氏の名前も出ているが、ここでは伏せます。

名字が違うのは何故か?

多くの人が名字が違うことに疑問に抱くであろう。結婚して名字が違うのではないかと思う人もいるかもしれないが、彼女は未婚であり、父親と母親が離婚していて中鉢は母親の方の名字なのです。

 

  • 西條悟(父親)
  • 中鉢○○(母親)
  • 中鉢瑞帆(娘)

 

 

家庭複雑な環境

年齢を見てもらうと分かるのだが父親が43歳で娘が21歳である。早いうちに結婚したのですが、母親との関係が悪かったのです。母親は娘には興味がなく放置状態で、家族間の会話などはほとんどなく、愛情などという言葉のかけらもない環境で育ちました。数年前まで父親は夜勤の仕事が多く、昼は寝ているので娘とはすれ違い。後に離婚の流れになり父親は涌谷町で仕事をしたりしなかったり。

母親の方が頭がイカレテいるらしく父との喧嘩も絶えない。ちょっとズレていて普通ではない人間が親になり子供を育てるとどうなるか想像できるでしょう。家庭環境は冷めていて、彼女の居場所はどこにもなかった。

彼女は派遣やアルバイトをしてきたのだが、勤務態度に問題がある。まず挨拶ができなくて仕事はするが、無断欠勤や遅刻早退が多かった。何故無断欠勤するのか?それは母親が車を使うため、自分の車を持っていなくて通勤できないとか?この家族は自分の娘に車を買ってあげるということをしないのだ。

無断欠勤で連絡をしようとすると携帯電話がつながらない。鳴子は正直電波が良くないのだが携帯電話の料金を滞納しているため利用できない状態だった。携帯料金を支払うことができない人間が、車を購入することは夢のまた夢。不可能である。車を購入できないくらい貧困である。

鳴子はどんなところ?

彼女の住んでいる鳴子は温泉、スキー、紅葉など観光地として有名なのだが、季節的なものであり、仙台の秋保温泉などに行く人が多いので鳴子という地域は仕事がない。スーパーが数件とコンビニがちょっとしかない地域であり、コロナウイルスの影響で観光施設も打撃を受けて観光客も来ない状態が続いている。隣街まで車で通勤しないと収入を得られない不便な地域である。電車はあるが都内のように数分で何本もないため利用しにくい。交通手段は車なのに車がないのは仕事に行くことができないということです。

中鉢瑞帆とはどんな人間か?

彼女の特徴は茶髪で身長が低く、ギャル系の不良娘である。几帳面なところもあるのだが、家に帰らず車で寝泊まりだったり車の中はもちろんゴミだらけで、心の乱れが生活に出ていた。21歳と成人済みではあるが、精神年齢は中学生くらいのガキのままで、大人とは言えない状態である。何が正しいか間違いなのか自分で判断ができていないのだ。

ニュースで動画が出てきて本人の顔を確認できたが、目つきが変わってしまっていた。情緒不安定ですぐ泣きだしたりすることもあったが、あの頃は笑顔があり笑っていた。弟が学校に行く時など送迎をしたりする優しいところもあった。絵が上手くて音楽も多少やっていた。

手首にズタズタ切り傷があった…リストカットがヤバすぎる(;´Д`)

元彼とはどんな関係か?

元彼と言っても、二人は子供の頃からお互い知っていて実家が離れていても、家に遊びに行っていた。母親と元彼の家が知り合いで交流があったのだ。学校が同じかどうかは検討がつくだろう。元彼は彼女に生活するため少しだけ資金を渡していた。彼女は生活力が無く一人では生きていけない。生きていくために彼氏が支えであったのだ。

当時聞いた話だが、元彼は派遣社員として工場勤務で寮に住んでるとか聞いたが自宅で刺されたということは寮生活はしなくなった可能性が高い。コロナウイルスで工場も派遣を休業にしている可能性もある。

父親が自殺した理由

彼女が家を案内し事件を起こした。父親が全てやったことにして逃走して自殺することで、全て父親がやったことになる彼女は見ていただけで案内しただけと話す。この物語を計画したのだが、彼氏を殺害に失敗した。命が助かって意識が回復して事件を語られたら全ての謎が明かされる。つまり父親の自殺は無意味だということ。逃走する時に現場に娘を置いていくのはどうかと思うが、道を踏み外した親子に明るい未来や選択肢はない。これが父親にとって娘にしてあげる最後の行動だったのである。間違いであることに変わりはないのだが、憎しみで冷静な判断ができなくなったのだ。

まとめ

ここまで読んでくれると分かると思いますが、彼氏が彼女との関係が悪化して別れるのが想像できるでしょう。過去に父親も女性トラブルで事件を起こしているので、娘と彼氏が別れたら激情する可能性がある。自分の感情を制御できず暴走するであろう。彼女からすれば、この世界で自分の味方だった彼氏に裏切られ、居場所を奪われた気持ちを抑えることができると思いますか?これからどうすればいいか判断できない彼女と父親が起こした殺人未遂事件となりました。

ピンポイントで自宅の彼氏の部屋を襲撃できたのは、昔から家に遊びに行って住所も部屋も知っていたからである。父親の精神状態がおかしいのが娘にも影響が出ていて、最後に味方になったくれたのは父親だけだったのだが、事件後逃走し自殺してしまったため、彼女はこの世界で孤独になり、帰る場所もなくなってしまった。殺害しようとして逃走し自殺って父親の精神状態が不安定なのが分かるだろう。リストカットしてる彼女と一緒である。

ここまで強い殺意を持たせた彼氏の行動にも問題があるが、父親が出てきて襲うほどの原因は何だと思いますか?別れ話から彼女の父親が怒るといったらあれです…皆さんが想像した通りです。

交際するなら相手を見極めることが必要だが、子供の頃からの付き合いでは判断は難しい。トラブルにならないように別れるのはいいが、今の時代、好きが嫌いになり、悪意が殺意に変わるのも分からなくもないが、人の命を奪ってはいけない。元彼もまさか親子に襲撃されるとは思ってもみなかっただろう。こんなダメな両親の元に生まれてこなかったら、苦しい悲しい人生を送らなくて済んだのに、この事件に関わった全ての関係者が被害者である。

続編

2020年7月15日にyahooのTOPニュースの記事に出ていたのが、ちゃんと記者の人が調べたようですがヤフコメを見ると「とにかく読みにくいなぁ〜、記者さんもっと書き方勉強して、やり直し!」とのコメントが多く同じように思う人がたくさんいるみたいです。

《宮城・大崎》刑務所帰りの父親と交際相手を刺した女の「ヤバすぎる子育て」

「このアパートに住んでいたのは若くてちゃっこい(小柄な)女。赤ん坊の育て方が危なっかしかったけれど、挨拶も何もできない女だから、余計な口出しをしないようにしていたんだ」 と近所の主婦は声を張る。

赤ちゃんを腰にぶら下げて

 その女こそ、父親と共謀して元交際相手の派遣社員男性(21)を刺したとして殺人未遂の疑いで逮捕されたアルバイト・中鉢瑞帆容疑者。

7月4日午前4時過ぎ、父娘同乗の軽自動車で宮城県大崎市内にある元交際相手宅に乗りつけると、窓ガラスをハンマーで割って夜襲。実父の西條悟容疑者(43)が刃物でわき腹など数か所を刺し車で逃げた。中鉢容疑者は逃走せず、駆けつけた警察官に身柄を確保された。

 逃げた父親は同日昼、県内の路上で車内にいるところを警察官に見つかり、カッターナイフで首を切って自殺した。中鉢容疑者は“父親がやったことで私はやっていない”と否認していたが、その後、現場まで道案内したことを認めた。捜査当局は父娘には強い殺意があったとみて調べを進めている」(地元記者)  元交際相手は、重傷を負ったものの命に別状はないという。一部報道によると、中鉢容疑者の子どもをめぐり、元交際相手との間でトラブルがあったとされる。

 名湯・鳴子温泉で中鉢容疑者宅近くに住む冒頭の主婦は、生後約7か月という「子ども」の育て方に違和感があったと話す。 「ここは温泉地だから共同浴場に入る住民が多い。中鉢容疑者も、アパートの部屋に風呂がないため登録料1万円を払って永久入浴権を得た。ところが、赤ん坊を抱っこするでも、おんぶするでもなく、腰のところにヒモでぶら下げて来るんだよ。赤ん坊がめんこくて声をかけた高齢女性に対しても、あの女はブスーッとして愛想笑いさえしなかったんだから」(同・主婦)

 共同浴場にはしらけた空気が漂い、声をかけた高齢女性は「おばあちゃん、もう行くね」と赤ん坊に話しかけるしかなかった。複数の近隣住民によると、中鉢容疑者は約1か月半前に引っ越してきたばかり。別の女性住民はこんな非常識エピソードを明かす。「自分は服を着たまま浴室に入り、裸の赤ん坊だけを浴槽にポチャンと入れるんです。母親と離れた赤ん坊は不安になって泣きはじめました。あんまり、赤ちゃんをかまっていない感じでしたね」

懲役8年の刑務所暮らしの実父

 ほかにも、事件2日前の夜、中鉢容疑者宅が救急車を呼ぶ騒ぎがあった。「部屋から中年男性が飛び出してきて、私は年上の旦那さんなのかと勘違いしてしまった。その男性が共犯の実父だったみたい。事情を尋ねると、“目を離したすきに子どもが机に顔をぶつけ流血してしまったんです”と言う。大事には至らなかったようだけど、事件直前の出来事だから何かのきっかけになったんじゃないかな」(前出の主婦)

 中鉢容疑者は複雑な家庭環境に育った。幼いころ両親が離婚。母親に引き取られ、再婚相手が新しいパパになった。 知人によると、再婚相手との間に生まれた弟を可愛がっていたという。

 しかし、中学生になると、少し扱いにくい女の子に。同級生の保護者は「不良ではなかったけれど」と前置きして次のように話す。 「勉強が苦手で、入部したソフトテニス部でも活躍していません。鬱屈した感情からか、おとなしい男子生徒をいじめるようになりました。相当悩まされた親御さんもいます」

 県内の農業高校に進むと、実家を離れて寮生活に。卒業後は実家近くの観光ホテルに就職したものの3日で退職。さまざまな職種を転々とするが、ほとんどが数日程度と長続きしなかった。 「アウトローな生き方になるに従い、幼いころに別れた実父への親近感が湧いてきたのかもしれない。

 西條容疑者は約11年前、当時の内縁の妻を果物ナイフで刺し、殺人未遂罪で懲役8年の刑務所暮らしを数年前に終えたばかり。子育てに苦悩する中、元カレを憎む気持ちが高まり、穏やかな養父ではなく、刑務所帰りの実父を頼ったのだろう」(一家を知る関係者)

 最近になり、一緒に暮らし始めた父娘。しかし、出所後の西條容疑者は娘とは別に更生した生活を送っていた。 「早朝3時には起床して板金工の仕事に出かける。同居する母親と役割分担して祖母を介護し、収入面でも精神面でも一家の柱だった。再会した娘に頼られて妙な気を起こしたのか。この事件さえなければ、まじめで謙虚でやさしい男になっていたのに」(同)父娘の歯車は、どこで狂ってしまったのか─。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/01f175df3e6af5f7565ee3181cb6119ad311eccb

この記事を読んでみましたが、中橋瑞帆が育った状況や経緯を調べたが、家庭環境が複雑すぎて上手く伝えることができないような内容になっています。そこで上記の記事をみなさんに分かりやすく説明していきたいと思います。

時系列

 

  1. 父(西條)母(中鉢)の間に瑞帆が産まれる。
  2. 父と母が離婚して母親に瑞帆が引き取られる。
  3. 母が再婚し新しい父ができて弟が産まれる。
  4. 高校の寮で暮らし卒業する。
  5. 派遣会社に勤務するが、仕事が続かず退社。
  6. 彼氏と瑞帆の間に子供ができる。
  7. 彼氏と別れる。
  8. 父(西條)にと共に元彼を襲撃して殺人未遂事件を起こす。

 

ここからは瑞帆の気持ちになって考えてほしい。子供の頃から自分の居場所がなく、彼氏との間に子供が出来て頑張って出産し赤ちゃんを育てているのに、別れると逃げた男を許せるだろうか?自分には責任がないと逃げる男はこの世界にたくさんいる。誰も助けてくれない状況で味方になったのは父(西條)だけだった。

瑞帆愛想が無く共同浴場で服を着たまま浴室に入り、裸の赤ん坊だけを浴槽に入れる。と近所の主婦たちが驚くのも無理はない。何故?と同じことを思う人はたくさんいるだろう。瑞帆は潔癖症で他人が入った風呂に入ることが好きではない。それに身体のリストカットとアトピーを見られるのが嫌なのだろう。おそらく誰もいなくなれば仕方なく入ると思うが、他人の前で肌を見せるのは拒むと思われる。愛想がないのは人見知りだからです。話していけば普通に会話をして笑うこともあります。愛想なくされたのは主婦たちのコミュニケーション不足である。

腰に紐付けて赤ちゃんをぶら下げているってのはかなり問題だが、育て方や抱き方など分からないと思います。もちろん入浴の方法なども…その状況を見てるなら親切に教えてあげればよかったと思うのだが、見てるだけで行動しない周囲の人間にも問題があるだろう。引っ越してきたのは1か月前とあるが、それ以前は元彼と同棲していたか?実家で暮らしていたと思います。

家庭環境は複雑で両親が離婚したとしても、母の再婚相手の間に産まれた弟の面倒を見ているのって優しいと思います。高校の寮生活も鳴子からだと通うのに遠いし、母と新しい父の邪魔をしてはいけないと思い気を使ったのかもしれません。自分の存在が邪魔なのかもしれないと悟ったのか?これは瑞帆の優しさだと思います。

事件の引き金になったのは、元彼との間にできた子供を育てることに苦悩に、憎しみが制御できなくなってしまったことだ。これは瑞帆だけの責任ではなく、元彼にも責任があるだろう。子供いない状態で別れるのならともかく、子供を出産しているのに別れるって無責任すぎ。これでは恨まれて憎まれて刺されても何も言えないだろう。元彼が悪いし、元彼の家族も交際していた瑞帆に子供がいたのを知っていたのだろうか?知っていたらこの家族は無責任一家である。元彼にも問題があるのだろう。

元彼は退院してきたとしても被害者面してるだろうけど、殺意を向けられるようなことをしてしまったのだから、自業自得である。養育費はちゃんと支払わないといけませんね。子供作ってお別れなんて野良猫じゃないんだから、何が悪くて正しいか判断できない歳じゃないだろう。このような馬鹿が増えない世界になってほしいですね。

「赤ん坊の育て方が危なっかしかったけれど、挨拶も何もできない女だから、余計な口出しをしないようにしていたんだ」って書いてあるけど、そういう考えが悪いのだ。挨拶できなくてもさ危ないなら注意しようよ。周囲の人間に助け合いの気持ちがあれば、このような事件は起こらなかったのではないだろうか?

誰か一人でも異変に気付いてあげたら…変だな?困ってるのかな?と思ったら声をかける勇気が大事だと思います。




2 件のコメント

  • 何を嘘を言ってるんですか?
    みずほはそもそも免許持ってませんけど
    しかもこの2人は高校で出会ってますし
    の子供の頃からお互いを知ってはいないないですよ?
    何も知らないくせに何をほざいてやがるんだよ

    • みずほの先輩
      免許ないってことは今まで無免許運転だったということですね。
      車を運転していたことを、瑞穂の母親に聞いてみなさい。
      平気で自分の娘を無免許運転させていたということ問題だらけの家族。
      子供の頃とは高校って意味です。
      何も知らないくせにではなく、元彼の名前も高校も知ってます。あったことを書いてるんです。
      金銭的に余裕がない瑞穂を面倒みてたこともあり優しい一面もあるが、刺されるくらい恨まれたのはちょっと問題あり。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)