勇者エクスカイザー20話感想「ねらわれた花嫁」徳田のお見合い結果

エクスカイザー




勇者エクスカイザー20話「ねらわれた花嫁」の感想です。ガイスターの失敗続きのダイノガイストは怒っている。「この地球は俺達には分かりにくい宝が多すぎるぜ」ホーンガイストの発言に一緒にされたプテラが「脳なしのてめえと一緒にするな!」と喧嘩が始まる。どこかの国で結婚式が行われることになり「何ものにも代え難い宝」だと情報を入手し行動に移る。プテラは人間が大騒ぎしてるのはろくでもないことだと信じていなかった。

ねらわれた花嫁

ダイノガイスト徳田

コトミも王子みたいな人が現れるかしらと言っているが、コウタが眼中にはないようです。ママは徳田をお見合いさせようと気合を入れる。なんで結婚やお見合いの話がきたのかは不明だ。上手くいったらパパがナコードすることになっているが、上手くいかないだろうと思っていた。

先方の人が現れずママは呼びに行った。事件が発生し徳田も飛び出す「記者たるもの何もかも振り捨てて走る!彼女には記者の妻になるいい経験」そんな仕事ばかり優先すると愛想つかされて別れるきっかけです。

ガイスターが王女を狙い徳田がぶつかりカメラを落としてしまう。エクスカイザーとドリルマックスが駆けつけコウタたちを救助する。「なんで編集長の車がここに?」バレそうな予感。教会へ向かう途中に誰もいないこと不思議に思う徳田。何故騒ぎになっていないのか?

もしかして全滅しているのだろうか?王女は飛び出すとサンダーが現れダッシュマックスが交戦する。教会へたどり着く途中にコウタは車を運転する、「コウタ君!小学生が車なんて運転しちゃダメだよ!」プテラが王子を人質に取っていて、王女が身代わりになろうとしたら徳田は吹き飛ばされてしまった。

ゴッドマックス新技

ゴッドマックスゴッドマックス

「お前たちが探している宝はお前たちには永遠に手に入らない宝だ!それを牢獄の中でゆっくり考えてもらおう!」

エクスカイザーはプテラを攻撃し王子を救助する。教会がガイスターロボウシラになり王女が捕まってしまう。マックスチームが駆けつけゴッドマックスに合体する。カイザーブラスターとゴッドマックスは技名がない武器を使用し、ゴッドコズミックボンバーの派生技かな?詳細不明である。ゴッドスラッカーで角から発射したカッターで救助する。カイザーショットからの連続攻撃でサンダーフラッシュで撃破する。今回は攻撃パターンがいつもと違くカッコイイカットが多かった。

徳田の見合いは好きな人がいてお断りされてしまいましたとさ。この人28歳とは30後半だと思っていた。ママはどこからお見合いの話を持ってきたのだろうか?

次回「燃える映画村」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)