勇者エクスカイザー19話感想「虹の滝は大洪水」

カイザーズ




勇者エクスカイザー19話「虹の滝は大洪水」の感想です。休日に星川家は、虹の滝にハイキングに行く予定だったのだが生憎の大雨だった。虹の滝はパパとママの大事な思い出があり、どうしても行きたくて、てるてる坊主を作り祈った。ガイスターは虹の場所には宝が埋もれていると情報を入手して捜しに出掛けるのだった。二人の思い出とは、ママは滝に落ちそうになり、パパが助けるが落ちそうになり、ママが助けようとして結局二人とも落ちてしまった。

虹の滝は大洪水

アーマーガイストホーンガイスト

虹をスケッチしようとタクミは絵を描こうとしているとアーマーガイストが現れ、東都新聞に連絡し取材を受ける。パパは車を急発進させてタクミは泥まみれになる。星川家付近の工事現場に現れたホーンとアーマーは喧嘩する。虹を目標にしていたが消えてしまいプテラガイストは飛び去る。

「ない!ない!宝がない!」

「ずいぶん掘ったじゃねーかお宝は?」

「誰かが最初に掘ったみたいで宝は見つかったか?」

「貴様!宝を独り占めする気だな?」

「俺を信用できねーってのか?お前だな先回りして掘り出したのは?」

エクスカイザーが星川家の車に憑依しているのがバレてしまったのかと心配するコウタ。パパがやってきて取材よりもママの心配をするのがとっても優しい。事件の記事を夕刊に間に合わせるため会社に戻ろうとするがママに止められる。徳田が駆けつけると仕事を任せられないと判断し「お前たちだけでママを楽しませてやってくれ」とコウタたちはお願いされる。

「バカ!アホ!ドジ!まぬけ!すっとどっこい!虹の滝へ行けそこにはいつも虹がある」とコウモリに暴言吐かれてガイスターは向かう。パパが一緒ではないためガッカリしたママは安全運転で車を走らせる。

カイザーズのチームワーク

キングエクスカイザーレイカーブラザーズ

虹の滝にやってきてママが楽しまないとパパが悲しむとコウタは説得する。パパに心配かけないようにママは元気になるがガイスターが出現し水の流れを止めるのだった。溢れた水に飲み込まれてコウタたちは溺れそうになる。

プテラはダムにエネルギーボックスを装着しゴンダムが動き出す。ダムから勢いよく水が流れて木々をなぎ倒す。レイカーブラザーズがツインバリアで流れを止めているが足を踏み外してしまう。宝を発見できなかったガイスターは退却しマックスチームが駆けつける。プテラはいつも空を飛んでいるのに地中に姿を消す。

エクスカイザーはゴンダムに潰されて捕まってしまう。マックスチームの攻撃で脱出しキングエクスカイザーに合体しサンダーフラッシュで撃破する。ダム破壊したままでは水が放流され続けるのでは?これ失敗したら町が濁流に呑み込まれてしまう。

エクスカイザーはホーミングビームを使いダムを修復する。マックスチームがバリアで水を止めてレイカーブラザーズはレイカーハリケーンで水を戻して事件は解決した。このチームワークは最高だ。パパがヘリコプターで駆けつけママは笑顔になる。

次回「ねらわれた花嫁」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)