魔法つかいプリキュア12話感想「満天の星空とみらいの思い出」

魔法つかいプリキュア




魔法つかいプリキュア12話「満天の星空とみらいの思い出」の感想です。リコは登校の準備完了してますが、みらいはベットの中で寝ています。なんだ一緒の部屋ではないんですね~なかよしだから、てっきり一緒の部屋で同じベットで寝てるのかと思いました。校長先生から連絡を受けて状況を報告する。

「みらい起きなさいもう朝よ!」

「おはようリコ早起きだねまだ目覚まし鳴ってないよ」

「リンクルストーントパーズを手に入れました。この調子でエメラルドも見つけてみせます」

「あまり焦らずとも…」

「私魔法界代表としてナシマホウ界でも全力で頑張ります!」

学校の授業

朝日奈みらい十六夜リコ

この学校の制服可愛いですね、ハートキャッチとスマイルプリキュアの制服好きです。学校では優等生ですねドジなとこはみせません。本日から授業が始まり、はーちゃんは話せるようになったことで、リンクススマホンから急に話しかけてくるため、学校では話さないように注意する。クラスのみんなにあいさつするリコは大人っぽく見えて、休み時間も勉強をしている。

「こうやってリコと学校に通えるなんて」

「今日から授業も始まるし最初が肝心よ!みなさん、おはようございます!」

「あいつ大人っぽいな…なのになんでみらいと友達なんだ?」

みらいは日直でまゆみがリコとどうやって出会ったのか?少し話しかけづらいの意見があり、数学の授業中にリコが黒板に回答を書くが、おもいっきり大きく書きすぎる「わ!すみません」リコは先生に頭を下げる。次の理科の授業では星座の回答で名前を答えるリコだが「星読みなら魔法学校でTOPの成績だったわ」自信満々で答えるが言葉が違く伝わらなかった。

「ぴぴろこらんなす、ちゃかちゃかこなーる、ぴょんかどなーるです」

「リコの住んでたところでの呼び方だと思います」

「はーい!はーちゃん分かるよ!」

「今のは私です。は~いちゃんとわかるよ…わかりません」

十六夜リコ魔法つかいプリキュア

クラスから注目されるが、はーちゃんが答えてしまい、みらいがフォローするが答えられなかった。みらリコはバレーボールやろうと誘われる「リコはナシマホウカイのスポーツね。なかなか奥が深いわ」リコは勉強熱心ですね感心します。失敗ばかりのリコが頑張る姿が見られますね。間違ってみらいのカバンを持ってきてしまう。「モフルンいつの間に?このカバンみらいのじゃない今日は失敗ばっかり」みらいはモフルンに付き合ってもらいバレーボールの練習をする。

「モフルンもみらいとリコとバレーボールやりたいモフ」

「そんな呑気な事じゃないわ。ルールだってプレイだって完璧じゃならないの」

満天の星空とみらいの思い出

朝日奈みらい十六夜リコ

夕食の時間になり、昔に朝日奈家が天体観測の時の話になります。目を話した隙にみらいがどこかへ行ってしまい探して発見するとモフルンを抱いて星を

笑顔だった。リコは勉強をしているが、みらいに星を見に行こうと誘われる。みらいは本当は山で怖くて泣いていたのだが、夜の空を見上げると星がたくさん輝いていた。ロリみらいかわいい♡

「見方が変わったのね」

「まっすぐ前を見るだけじゃなくて、くるっと周りを見たらキラキラでワクワクなことが見つかるよ。せっかく一緒にいられるんだもん。二人で楽しいこと見つけよう」

天気が曇りの為、雲の上まで行ってみようとしますが、教頭から魔法見つからないように言われたのに、みらリコはとルールを守りません。智子は優等生なのにここのギャップがいいですね。みらいはスパルダの糸に絡まって落下する。

キュアミラクルキュアマジカル

「こんなところで会うなんてあんたたちもエメラルド狙いだね」

「こんな夜中に騒がないでよ」

「みんなが起きちゃうじゃない」

「全然掴みどころがない」

「せっかくのルビーのパワーが…」

「マジカルこれってチャンスかも?大きくても見方を変えれば怖くない」

ルビースタイルに変身するみらリコ。雲のヨクバールは巨大で物理攻撃が無効。雲を吸収して巨大化するが動きが遅いことに気が付いた。ラクルとマジカルはダブルキックして穴を開ける。必殺技で浄化に成功しスパルダは退却する。雲が無くなり星空が輝く。リコは表情が硬い感じだったと指摘され恥ずかしがる。

「気付かなかった星がこんなにきれいだなんて」

「よかったいつものリコだね」

「まゆみたちがねもっとリコとおしゃべりしたいって

「明日なんて話しかけたらいいかな?」

「一緒に遊ぼうだよ」

「私見つけたいこの世界でも素敵なことたくさん」

星が輝き手が届くと宇宙のリンクルストーンのタンザナイトを手に入れる。かなに飛行している魔法つかいの姿を目撃されてしまう。

翌日、登校してくるまゆみと壮太に挨拶をされるが、十六夜ではなくリコと呼ぶようにしてもらい、バレーボールのルールを教えてもらうのだった。昨日よりも表情が柔らかくなり仲良しになれそうです。

「おはようみらい、十六夜さんも」

「おはよう今日もバレーボールやろうよ」

「私もバレーボールしたいでもルールを知らなくて、やり方を教えてくれる?」

「もちろん」

「おはようみらいにまゆみに十六夜さんも」

「リコでいいわなんだか慣れなくて」

次回「たのしいバーベキュー!幸せたくさんみ~つけた!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)