スタートゥインクルプリキュア2話感想「天にあまねくミルキーウェイキュアミルキー」

キュアミルキー
スポンサーリンク



羽衣ララがフワの力を借りて二人目の天にあまねくミルキーウェイキュアミルキーに変身します。ララはもしかするとスタプリで人気高いキャラになることでしょう。美少女戦士セーラームーンのセーラーマーキュリーに似ていますね。スタートゥインクルプリキュア2話「宇宙からのオトモダチ☆キュアミルキー誕生!」の感想です。

星奈ひかると羽衣ララ

星奈ひかる

画像引用元:アニメイトタイムズ

ロケットの損傷率が92%でこれではもう飛行することは困難な状態だ。でも新しいプリキュアが誕生したことを喜ぶプルンスだった。フワは眠くなりトゥインクルブックの中で休むのですが、プルンスは「宇宙の宝だ」と本をひかるから取るが、ひかるは「私の宝だよ」と取り返す。「フワもトゥインクルブックも両方護る」と決意する。

星奈家にやってきたが裏から家に入ることになった。宇宙星空連合の法律である宇宙法があり、他の星と交流がない星では異星人の存在は秘密で破ると宇宙の旅は100年間禁止。

ララの口癖は語尾に「ルン」がつきます。それとロケットなど操作する時は頭についてるセンサーを使っている。

羽衣ララ

画像引用元:アニメイトタイムズ

ひかるの部屋は宇宙や星座の本で囲まれているが整理整頓は、あまりできていなかった。おじいちゃんが入ってくると注意される。この時にプルンスに吊るされて天井にぶら下がってるララがかわいい。

「私がプリキュアになれる確率はどれくらいルン?」とロケットのAIに話しかける。「ララ様がプリキュアになれる確率は0.000000012%です。」星奈ひかるの確率の同じだった。それでもプリキュアになったのは何故だろうか?同じ確率ってことはプリキュアになれるってことなのか?

ひかるはララにおにぎりを持ってきた。「地球の食べ物ルン?何これ石を食べるルン?大丈夫宇宙食コスモグミがあるルン。」宇宙食コスモグミは長旅でもバッチリのようだ。この形がプリキュアグミになっている。

「おいしいから食べて!」とひかるはララにおにぎりを差し出すと「美味しい!適度な塩分ほろりと崩れるこの感じ!」梅干しはすっぱいのこの反応は魔法つかいプリキュアの十六夜リコがナシマホウカイにやってきた時と同じ。

ララの地球上での年齢は13だが、宇宙のサマーンでは大人扱いされてロケットをひとりで修理もできる。

スポンサーリンク

プリキュアになりたいララ

ひかるは「おはよう」と元気に挨拶するとララはセンサーでタッチする。これが宇宙での挨拶のようです。触角センサーは電気も流れてマッサージすることも可能。

ここからプルンスの解説が始まります。

ララとフワとプルンスと出会ったのは最近で、星空界の中心にあるスターパレス。そこには宇宙を見守る12星座のスタープリンセスが存在していた。ノットレイダーによりスターパレスが闇に包まれてしまった。スタープリンセスはプルンスとフワを逃がしてノットレイダーを追い払った。力を使い果たしたプリンセスはバラバラになってしまった。ララの星サマーンでも異変を知り調査に出ていた。そこで合流したそうです。

ひかるはプリンセスに会いたいために「私頑張るから!」と前向きだった。ララは「軽く言うルンなんであの子が!」とあまり信用していないようだ。疑いのこのまなざしがかわいい。

「なんであなたがプリキュアルン?データを解析してもわからないルン。フワと一緒にいた時間は私の方が長いのに。」プリキュアになりたい気持ちが思いっきり出ています。ひかるは「プリキュアになりたいの?」と問いかける。

「なりたいというか、なりたいからなれるもんじゃないルン。」

「なれるよ。なりたいならなればいいんだよプリキュアに。」

「データの示した確率は絶望的ルン。過去の出来事から出した統計ルン。」

「過去と比べられてもこれから何が起こるかわからないし。私は私だしララちゃんはララちゃんだよ。」

天にあまねくミルキーウェイ!キュアミルキー

キュアミルキー

画像引用元:アニメイトタイムズ

カッパ―ドがフワを捕まえようと挑戦してくると、ひかるはキュアスターへと変身します。ララはフワを連れて逃げると坂を転げ落ちてしまう。追い詰められるとキュアスターが助けに入る。

「デジャブだな。昨夜と似た光景だが奇跡は二度は起こらんよ。」

「ララちゃんプリキュアになって!」

「無理ルンデータ的に見ても。」

「ララちゃんはララちゃんだよ。データなんて関係ない。思い描くのなりたいララちゃんを!」

「なりたい私。」

「できない決めつけはなしだよ。」

「私はフワを護りたいルン私の力で!だから私はプリキュアになるルン!」

スターカラーペンダントに力を込めてスターチャージ!羽衣ララはキュアミルキーに変身することができました。変身する時にほっぺをふくらますとこ好き。

キュアミルキーはセンサーで電撃をくりだしてノットレイを全滅させる。緑プリキュアなのに電気系とはセーラージュピターだ。

「ありえん奇跡が二度も起こるなど。」

「二度じゃないルン昨日は星奈ひかるの奇跡。今日は私の奇跡。」

「プリキュアミルキーショック!」キュアピースのピースサンダーと同様の必殺技。カッパ―ドは水系なので効果は抜群だ。

「星奈ひかる。あなたがなれたから私もプリキュアになれると思ったルン。」

はじめて最後に名前を呼びましたね。

次回「プリキュア解散!?スタープリンセスの力を探せ」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)