トロピカル~ジュプリキュア24話感想「熱血バトル!トロピカる部VS生徒会」

トロピカル~ジュプリキュア (1)




トロピカル~ジュプリキュア24話「熱血バトル!トロピカる部VS生徒会」の感想です。まなつ達のが通っているあおぞら中学にTV局の取材がやってきました。「列島中継輝け青春!」にて生徒会長の白鳥百合子がインタビューを受けていると、トロピカる部が作った横断幕が風に飛ばされて直撃し、噴水に落ちてずぶ濡れになってしまいました。

「夏休みものこりわずか宿題が✖✖な人!みんな集合!終わらせよう!」トロピカる部

「いったい何が…!まさかこれも映して…」

「これは横断幕ですね…」

「誰の仕業なの?」

「はい…」

横断幕を飛ばされてしまったまなつとローラが、申し訳なさそうに生徒会長の問いかけに手を上げていた。生徒会室に呼び出され生徒会長にお説教されてしまう。

TVで学校をアピールする機会を奪われてしまい、怒った生徒会長はトロピカる部の活動停止処分にしようとすると、その会話を聞いていたTV局の人がやってきて、クイズ番組に出演して決着をつけないかと参加依頼してきた。その理由は番組放送直後から、トロピカる部と生徒会長のリアクションが最高だと、SNSで注目が集まったそうだ。

「せっかくあおぞら中をTVで取り上げてくれたのに学校を紹介するいい機会だったのに台無しだわ」

「ごめんなさい…」

「それに宿題が✖✖な人っていかがわしい書き方、学校のモットーであるすこやかとはかけ離れているわ」

「宿題が終わってないって大きな文字で書かれたらうんざりするでしょう?」

「だから直接的な表現は避けたんです」

「次の生徒会でトロピカる部の処分について話し合います」

「いくらなんでもやりすぎだろう」

「勝負に勝つのは生徒会に決まっていますが、万一トロピカる部が勝つことができれば部活動の停止は取りやめとしましょう」

「その約束忘れるなよ」

「ええ!生徒会長の名に懸けて」

事情を説明された生徒会長はクイズ番組に出演することを引き受けた。TVに出演することができれば学校をアピールすることもできるし、トロピカる部が勝つことができれば部活動停止を取り下げると条件を出してきました。トロピカる部も賛成し、生徒会長に対して対抗心メラメラのあすか。

熱血バトル!トロピカる部VS生徒会

トロピカル~ジュプリキュア (1)トロピカル~ジュプリキュア (1)

バンサー向井が司会を担当し「地元でモット~」で、あおぞら市でクイズ番組が始まりました。さんごちゃんTVに出たかったのか目がキラやばの星になっている。

「まさか大好きな地元でモットーに出られるなんて☆」

「優勝の栄冠を手にするのはどのチームだ?」

「当然私達トロピカる部よ!」

「無理ね勝つのは我々生徒会チームだから」

「早い話どのゲームでも1番になればいいってことでしょう」

第一問「亀は万年生きるというが鶴が生きるのは何年?」

答えは1000なのだが上空からばら撒かれたカードを見つけようとするのだが0~10までの数字しかなかったため、みのりは10のカード1枚とと0を2枚を集め解答する。トロピカる部が5点と生徒会が4点獲得した。

第二問「世界で一番大きな生き物はシロナガスクジラ?」

「グランオーシャン育ちの私にはラッキー問題ね。任せなさいって!正解は✖」

正解は○なのだがローラが飛び出して✖のパネルを突き破ると、どろんこまみれになってしまいました。トロピカる部は0点生徒会は5点獲得しました。

「嘘よ!3年前に亡くなったグランオーシャンのデッカイガン爺さんはシロナガスクジラの3倍大きかったし」

「ここにいるみんなが知っているわけないだろう」

三問目「重ねてハウマッチ」

10000円の商品券を使って服を重ね着して胴回りが大きい方が勝利。ファッションセンス抜群のさんごがチョイスするのだがまなつはイヤリングを持ってきたのだが、胴回り203㎝の11300円で1300円分越えてしまいアウト。まなつが余計なことをしてしまいました。生徒会は200㎝でピッタリ10000円分。合計点数はトロピカる部5点、生徒会14点で最後の問題は10P獲得することができる。

四問目「早押し、早くおしよ!みなさんが住んでる市は何市?」

「簡単じゃんはいはーい!」

答えはボタンを押してからの回答になるのだが、そのボタンは博物館に設置されていて参加者が全員走り出す。まなつはバナナの皮で滑って転倒してしまう。あすかと生徒会長の一騎打ちとなり、同時にボタンを押した。

「ここで負けたらトロピカる部が活動できなくなっちゃう!負けてたまるかぁぁぁそんなバナナ…」

「うおおおおおお!相変わらずだな」

「うおおおおおお!負けてなるものですか」

ヌメリーがやる気パワーを求めてゼッタイヤラネーダを召喚した。あすかは誘導しようとするが、TV局と生徒会長のやる気が奪われてしまった。プリキュアに変身してサマーとラメールの連続キック。コーラルの✖で攻撃を防ぎ、パパイアのビームを命中させる。ヤラネーダはピンポンピンポン効果音を鳴らして、フラミンゴは必殺技で吹き飛ばし、ラメールはアクアポットでやる気を回収し必殺技を発動し浄化に成功する。

ゼッタイヤラネーダは合体技では浄化できないが、単発の必殺技ならダメージを与えることができる。あっけなくヌメリーは撤退しました。映像を確認して早押しボタンを押したのはトロピカる部だった。ヤラネーダの映像は映っていなくて、問題に答えるあすか。

「ここは何市でしょう?」

「せーの…あおぞら市」

「私達が優勝したから部活動は続けさせてもらう」

最後に優勝したトロピカる部から一言お願いされると、さんごはと地元の紹介を始める。静かそうに見えて意外と積極的なのかもしれない。まなつは生徒会長に話を振り、更にまなつの話が長くなり司会に止められる。

次回「桜川先生パワーアップ大作戦」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)