ハートキャッチプリキュア33話「キュアムーンライト遂に復活です!」




ハートキャッチミラージュをGETできたつぼみたちはゆりさんにお礼を言います。ミラージュは心の大樹にワープしたり、人の心の花を見ることができます。

「ミラージュで私の心の花を見てごらんなさい!」

「私はもうプリキュアにはなれないのよ!」

「泣かないでキュアムーンライトもうすぐ会えるから」

心の花は枯れていた。ゆりさんは誰もいなくなるとコロンごめんなさいと涙を流すのでした。心の大樹でコロンが目覚めます。つぼみたちはおばあちゃんから話を聞かされます。ゆりさんのお父さんがフランスで失踪してしまった後に心の大樹に選ばれて、コロンに励まされてプリキュアになりました。

「私一人で戦えると過信しすぎた」

「良かった…君が無事で…さよならムーンライト」

ムーンライトはダークプリキュアに苦戦してサバークの攻撃を受けそうになる。コロンが身代わりになり攻撃を防ぎます。コロンは消滅してしまいました。

えりかはゆりさんを励ましてあげようとします。みんなで励ますのでした。

「私達ゆりさんの心の花を蘇らせたいんです」

「僕たちにゆりさんの心の力にならせて下さい」

「あなたたちって本当におせっかいね」

学園祭でゆりさんにきれいな服を着てもらいたいと計画を練るのでした。ポプリが生まれた時の現象が起きます。植物園にみんな集合してハートキャッチミラージュを通して、心の大樹にコロンがいることを見つけました。ゆりさんはコロンの元へ向かいます。ダークプリキュアの持ってる心の種にも異変が起こりサバークに報告する。ダークプリキュアが攻めてきました。ブロッサムたちが戦闘開始。

「月影ゆりはどこだ?」

「残念ねもうここにはいないわよ!」

「ならば力ずくで教えてもらうまで」

ゆりさんはコロンと再会するが抱きしめることはできなかった。

「ごめん僕の身体はもう滅びてしまったんだよ」

ブロッサムたちが集めた心の種のおかげでこうしていられるんだ。

「ごめんなさい私のために」

「僕は君のことを見守っていたよあの日からずっとね!一人で頑張りすぎたんだよ」

「私が愚かだったのよなんでも自分の力でできるって過信しすぎたんだわ」

「それは違う!君は命を懸けて心の花を護る任務を誰よりも理解していた。だから自分で引き受けて戦おうとしたんだ。誰も傷ついてほしくない。傷つくのは自分一人でいいってね…君は優しいんだ。僕は分かっていたよ。自分を認めるんだよ仲間への思いやりを。ブロッサムたちと触れ合って会って仲間の大切さ、ありがたさを分かったはずだろ!みんなと共に戦いたい世界を護りたいプリキュアになりたいと心の大樹に願いを伝えるんだ!」

「お願い心の大樹!もう一度プリキュアに!」

ここはすごい感動するとってもいいシーンです。

ダークプリキュアにシャイニングフォルテッシモで対抗するが

「3人力を合わせたとでも言うつもりか?貴様もしや!」

「勇気、愛、友情、優しさ、悲しみ、喜び、たくさんの気持ちみんなの心!私は戦うみんなの心のために!プリキュアオープンマイハート!月光に冴える一輪の花キュアムーンライト!」

次回「すごいパワーです!キュアムーンライト!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)