ハートキャッチプリキュア16話感想「演劇部からの挑戦状です!」

スポンサーリンク



演劇部

シプレ&コフレとるみちゃんが学校で遊んでいます。るみちゃんにばれちゃったんですけど内緒にしてもらってるみたいですね。演劇部のあずさがものすごいうまいです流石演劇部。クラナド思い出しますね。えりか自慢のファッション部を見学に来ました。えりかVSあずさスタート自分の方が上だとお互いゆずりません。負けず嫌いですね~女同士の戦いです。そして演劇部の衣装をつくることになりました。

あずさは部員に厳しくしすぎていて不満に思われています。

「いい加減にしてコンクールコンクールってこんな部活全然楽しくない!もう部長にはついていけないよ!」

キッパリ言われてみんな去っていきます。確かにこれを見てると部員は操り人形のように見えますね。言われて当然かな。えりかはみんなと楽しくファッション部を盛り上げています。ムードメーカーえりかすごくかわいいね(^^)リーダー的存在ですからもうちょっと頭がよければいいんだけどね。でもおてんばなのがいいよね。

部活辞める

あずさ屋上で待っていたが部員は集まらなかった。演劇部を辞めることにしたと聞かされる。

「あずさって演劇が好きすぎて周りが見えなくなることがあってさ。でも一生懸命なところ嫌いじゃ人だよね?ファッション部のみんなは楽しんでるかな?」

いますね張り切ってしまい突っ走って誰もついていかなくなることあります。コブラ―ジャがあずさの心の花を奪います。

カメラのデザトリアンが襲い掛かるビームを使います。

「人間なんてみんなバラバラ、みんなで一つのことをしようとするなんて所詮無駄な努力さ。」

「無駄なんかじゃない仲間と作るのってすごく楽しい、仲間と一緒だから生まれることもある!あずさの一生懸命な心は絶対みんなに伝わる!」

ブロッサムが鏡を使ってビームを反射させます。するとコブラ―ジャに向かい持っていた鏡で反射するとデザトリアンに命中する。

「あずさの演技を想う熱い心を利用するなんて、海より深いあたしの心もここらが我慢の限界よ!」

ブルーフォルテウエイブで浄化する。

みんなに謝罪するあずさ。自分一人で演劇を作ろうとしてた。 ブーゲンビリアの花言葉は情熱です。服のデザインてすごく楽しいね!自分たちの作った衣装がステージで輝いているのを見て感動しているつぼみとえりか。物語最後の方にファッション部のファッションショーが挿入歌と一緒の話があるので楽しみです。

ごらんいただきありがとうございました。

次回「認めてください!私たちのプリキュア魂!」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)