ハートキャッチプリキュア19話感想「涙の嫁入り!父の日の記念写真です」

ハートキャッチプリキュア (1)




ハートキャッチプリキュア19話「涙の嫁入り!父の日の記念写真です!」の感想です。フェアリードロップに遊びに来ていたつぼみは、えりかのパパが撮影した写真を見て感動していた。えりかの一言でパパが写真に写っていないことを知り、家族写真を撮るために旅行に出掛けることになりました。つぼみはカメラマンとして同行することになりました。

「私えりかの家族写真見てみたいです!きっと素敵な写真に違いありません!」

「うちの写真はパパが撮るからパパ抜きの写真なんだよ」

「本当だ気づかなかった。これは写真家としての宿命なのかぁぁぁ!よし家族旅行だ!つぼみちゃんもカメラマンとして来てくれないか?」

「はい任せてください」

涙の嫁入り!父の日の記念写真です

来海えりか花咲つぼみ

目的地はパパが若い頃にお世話になった堀内家に行くみたいです。つぼみのお尻に触れたのは飼われていた犬で、シプレとコフレはお友達になったと騒いでいた。妖精がいるとバレてしまったら大変。つぼみとえりかは場所を変える。そこの家では父と娘がうまくいってないみたいです。娘のアキさんが結婚するみたいで父を連れて行こうとするが、農業をしていてこの場所に残ると言ってます。

「お父さん話を聞いて」

「その話は何度もしただろう。俺はひとりでいい…俺は畑が好きなんだ」

挿入歌でえりかのキャラソンが流れます。畑のジャガイモを収穫するえりかを撮影するつぼみ。えりかはジャガイモ引っこ抜こうとするが、うまくいかなくて地面を掘り起こしてから引っこ抜きます。

「白い線が伸びてて、その間が透けて中が見えそうなトマトが美味しいんですよ」

「あたしってトマト苦手なんだよね」

「大丈夫です!このままガブっと行ってください」

「酸っぱくないこれすごく美味しい」

「ここのトマトとても大切に育てられていますね」

「お嬢ちゃん随分詳しいみたいだね」

「私もお花が好きで育てているんです」

「相手を可愛いと思って育てるとみんな可愛いもんだ」

「シャッターチャンスです!」

次にトマトを収穫しますが、えりかはトマト苦手なようです。でも甘くてこのトマトは食べれたみたいです!つぼみは花が好きで野菜も植物のことも詳しいようです。堀内と話が合い写真を1枚撮影します。するとカエルが出現してえりかがパニックになります。つぼみは平気みたいで、カエルを手の平に乗せているとえりかの顔にジャンプして悲鳴を上げる。つぼみは自分の知識を高めるために堀内から教えられたことをメモしている。

収穫した野菜を洗いもも姉が包丁で切ろうとするが苦戦していたえりかが代わりサクサク進める。ファッション部なので手先が器用です。勿論つぼみもヽ(=´▽`=)ノもも姉は料理苦手みたいです。

「猫の手ニャー左手は猫の手、料理の基本だよ」

「そうだアキちゃん、指揮の準備は順調なのかい?」

「後は引っ越しを済ませるだけで…」

「アキちゃん結婚したらただしさんもこの家でひとりか…」

みんなで夕食を食べているとアキが結婚して家を出ることが決まっていて、ただしが家に残ることになっていた。なんだか空気が重くなると、もも姉がえりかの話題を出して会話を盛り上げる。つぼみは撮影した写真を見ているとアキがやってきて父の写真を見つめる。アキは父を残してお嫁に行くことを悩んでいた。

「それは今日一番素敵な写真です!すごく楽しそうで野菜を育てるのが大好きなんですね」

「嫁に行ったらお父さんひとりぼっち…あたし…お父さん残してお嫁に行けない」

コブラージャは自分が納得できる写真が撮れなくて不満だった。スナッキーはとても呆れた顔をしていますが、提案して自然がある場所に出撃することになりました。いつも乗せられやすい幹部。

「写真を撮るがもっと僕の魅力を引き出すそんな場所はないのか?」

「ここはしんきくさいからもっと自然のあるところにいこう」

「そうだな出発だ」

犬はアキのことを心配しているとシプレとコフレが心を理解して、つぼみとえりかに話す。妖精だから動物の言葉が分かるのか。そこで堀内とアキが喧嘩しているのを目撃してしまう。説得するが農業が一番大事だとキッパリ言ってしまいます。

「どうして聞いてくれないの?もう農業は辞めて一緒に町に行こうって言ってるじゃない」

「ずっと農業をやってきたんだ。辞めるわけにはいかないそれはアキにも分かるだろう」

「お父さんここに残るならあたしお嫁になんか行かない」

「何を馬鹿なことを…アキが嫁に行っても農業をやる。今の父さんには畑が大事なんだ」

つぼみとえりかはパパに相談して、アキを説得しようとするが失敗に終わる。続いてママに相談すると、パパはママの回想シーンが始まります。ママが昔モデルの撮影中に泣いてしまい撮影中断してしまった時、パパが動物の写真を見せて励ます。

「あのよかったら俺の写真見てください」

「これは?」

「みんなすごく良い顔してるでしょ?だから元気出してください!あなたの笑う写真はもっと素敵だと思うから」

「パパはただ写真が好きじゃないの。写真の向こうにある人や物にすごい愛情を持ってる」

「写真に込められた想いは決して色あせない。昔も今もアキちゃんを大切に想ってる…そう伝えたいんだ」

泣いてる時に励まされたらそりゃ好感度UPするし好きになる気持ちも分かります。パパとそれから付き合いようになったんでしょう。堀内さんとアキの家族写真を撮影しようとパパは準備を始めます。

最高の家族写真

ハートキャッチプリキュア (1)ハートキャッチプリキュア (1)

コブラージャがバスでやってきて、場所を聞こうとするのだが、相手は畑の中にいるカカシだった。アキのこころの花を奪いデザトリアンにする。つぼみとえりかはプリキュアに変身するがカカシデザトリアンの動きが早いため、レッドの光の聖なるパフュームを使い高速で攻撃を仕掛けますが、失敗して動きを封じられます。

「ここは何処だ?空気がすがすがしくて気分が悪い!」

「おーい君?なんとか言ったらどうだ?この僕が声をかけているというのに!」

「お父さんなんて私の気持ち知らないで、お父さんを残してお嫁になんて行けない!」

「アキ?アキなのか?アキィィィィ」

「これを見てくれ!昔撮った君達親子の写真だ。この写真には父さんの君への愛が溢れているそれは今も変わらない。お父さんは君が安心してお嫁に行けるように、そっけなくしてただけなんだ。写真に込められた想いは決して色あせない。僕はいつかこういう父親になりたい!こんな家族を作りたいってそう思ったんだ!」

「写真に込められた想いだとバカバカしい、写真は僕を美しく見せるための道具でしかない」

「それは違う!カメラの向こうに想いを込めてシャッターを切る。写真は愛よ!アキさんのお父さんを想う優しい気持ちを利用するなんて、海より広いあたしの心もここらが我慢の限界よ!」

「僕の美しさがわからないなんてかわいそうな奴らだ」

プリキュア大爆発で脱出することに成功する。マリンのブルーフォルテウエイブで浄化します。コブラ―ジャは負け台詞を吐いて退却する。アキはデザトリアンになったことで父に自分の気持ちを伝えることができた。そして親子の関係が修復され、嫁に行く迷いは消えた。素敵な家族写真を撮影することができました。

「お父さんと離れるのが寂しかったのかもしれない」

「アキはこれからもずっとお父さんの娘だ…それはアキが嫁に行っても変わらない。素敵な家族を作るんだぞ」

ミカンの花言葉は花嫁の喜びです。今回のゲストのアキさんの声優は、名探偵コナンの毛利蘭をやってる山崎和佳奈さんです。最初に見たアニメはスーパービックリマンのアムルです。変身して月光聖アマゾアムルとママレードボーイの秋月茗子です。

次回「第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)