スマイルプリキュア42話感想「守りぬけ!なおと家族の大切な絆」

緑川なお




スマイルプリキュア42話「守りぬけ!なおと家族の大切な絆」の感想です。緑川家では家族がとても多い。なお、けいた、はる、ひな、ゆうた、こうた。そして新しい家族が増えようとしていました。なおは7人兄妹の長女として頑張っている。母の出産が近いため入院することになった。なおは兄妹の面倒を見ることになりました。

なおはうれしくてれいかに電話すると、みゆきはなおのために協力しようと提案するのだった。

「あたし今日1日弟たちを任されているんだ。もうじき7人兄妹のお姉ちゃんになるんだもん!頑張らないとね」

「私達も何かなおちゃんのお手伝いをしようよ」

ジョーカーはマジョリーナにキュアマーチを倒すように命令する。姿を見せないウルフルンとアカオーニがどうなったのか?今度は自分の番であると追い詰められ、失敗してしまったら消されてしまうのだろうか?

「マジョリーナさん」

「ジョーカー何の用だわさ?」

「何の用?随分余裕ですね…ピエーロ様がお怒りです」

「ピエーロ様が…」

「お気づきになりませんか?ウルフルンさんとアカオーニさんを…次が最後のチャンスです。あなたのへそ曲がりで直球勝負のキュアマーチを倒してください。もし倒せなければ…」

「勿論だわさ…」

守りぬけ!なおと家族の大切な絆

緑川家星空みゆき

なおはお母ちゃんカレーを作るため、商店街で野菜と肉を購入する。商店街のみんなから祝福されニンジンを無料で、肉は多めにサービスしてもらった。マジョリーナはなおの兄妹を狙おうと作戦を考えていた。

ひなはなおのようなお姉ちゃんになりたいと思っていた。なおは隠し味のリンゴをか買ってくるのを忘れてしまった。今から買いに行くとなると夕飯が遅くなるし困っていた。ひなとゆうたは、話を聞きこっそり家を出て商店街へ向かうのだった。

れいかとなおは幼馴染で、なおが初めてお姉ちゃんになった時のことを思い出していた。家族はなおの大切な宝物である。みゆき達が緑川家に到着するとなおは家を飛び出して、ひなとゆうたを捜していた。

みゆき達は捜索を開始するが手がかりがなかった。なおはこうたの言葉を聞いて、ひなとゆうたがリンゴを買いに行ったのだと気が付いた。ひなとゆうたは、お金を持っていなかったことに気が付いて引き返そうとする。八百屋さんで目撃情報があり付近を捜すのだが見つからなかった。

キュアマーチVSマジョリーナ

マジョリーナキュアマーチ

マジョリーナはひなとゆうたにリンゴを渡すふりをして捕らえるのだった。なおは兄妹の前でプリキュアに変身するのをためらっていた。しかし問答無用で攻撃を仕掛けてくるマジョリーナは、転倒したはるを狙ってきた。なおは家族を助けるため、プリキュアに変身して正体を明かす。

「キュアマーチ現れただわさ…私にはもう後がないんだよ…今日こそ倒してやるキュアマーチ」

「マジョリーナ二人を離して」

「キュアマーチ?何それ?」

「どうしただわさ?覚悟するだわさ」

「私の兄妹には指一本触れさせない!プリキュアスマイルチャージ」

「なお姉…」

「けいた…はるとこうたを連れて下がって」

マジョリーナは兄妹のバッドエナジーを吸い尽くしハイパーアカンベェを召喚。ひなとゆうたを体内に取り込まれ攻撃することができない。マジョリーナは動けないこうた達を狙う。攻撃を仕掛け反撃されず、キュアマーチにダメージを与え続けることができる。へそ曲がりの魔女の完璧な作戦だ。

「やっとやる気になっただわさ!いでよハイパーアカンベェ…これがお前の弱点だわさ」

「弟たちはあたしが絶対守る…指一本触れさせない!家族を守るんだ…」

「やめろ!なお姉ちゃんをいじめないで!」

「やかましい…全員まとめて消してやるだわさ!ガキもろともおしまいだわさ」

「家族は絶対あたしが守る!」

種を飛ばしてマーチが相殺するが相殺しきれず被弾して吹き飛ばされる。必死で立ち上がろうとするキュアマーチの姿を見て、けいたとひなとこうたは、バッドエンド空間から立ち上がりマーチの前に出た。手加減しないマジョリーナはエネルギー弾をチャージして発射する。

マジョリーナキュアマーチ

恐怖で足が動かないけいたとひなの前に、キュアマーチが飛び出しエネルギー弾を受け止め相殺する。キュアマーチは覚醒し攻撃を仕掛ける。マジョリーナはマジョリーナタイムを発動して若返り身体機能を上げる。同時にハイパーアカンベェも赤くなり能力が増大する。

「ひなとゆうたを返せ!」

「もう後には引けないんだよ!」

「プリキュアマーチシュートインパクト!」

「ここで負けるわけにはいかねーんだよ!指を銜えて見てるがいい…お前の兄妹たちが消える姿をな」

「いやぁぁぁぁぁぁ!」

キュアマーチは高速回転して遠心力を利用し、必殺技のマーチシュートインパクトでマジョリーナを上空へ蹴り飛ばす。決まったかと思ったが、マジョリーナは渾身の一撃でエネルギー弾をこうた達に向けて発射した。空中で吹き飛ばされバランスを崩したマーチは、兄妹が消える瞬間を目の当たりにした。守ることができず絶望して悲鳴を上げる。

膝をついて放心状態のマーチにハッピーとサニーが声をかける。二人の声を聴いて我に返る。直撃するギリギリで何とか間に合ったのだ。ビューティがソードでアカンベェの檻を破壊しピースがひなとゆうたを救出する。兄妹がマーチの元に駆け寄り抱き合い涙を流す。キャンディはパラソルデコルを使い防御する。

「マーチ…」

「大丈夫か?」

「貴様ら余計な真似を」

「私達の友達とその家族には手出しさせない!」

合体技プリキュアレインボーバーストで浄化に成功し、マジョリーナは退却する。三幹部がどうなってしまうのだろうか?気を失ったこうた達は寝てしまい。なおはみんなに感謝の気持ちを伝える。目の前で家族消されそうになった状況で、助けに来てくれたら本当に感謝の気持ちでいっぱい。大切な家族を失う怖さを知り、なおは泣き出してみゆきに抱きしめられる。

「ありがとう…本当にありがとう」

「なおちゃん…」

「怖かった…怖かったよ…」

「大丈夫だよ…みんな一緒だから」

そんなことを知らず、なおの父が軽トラックで帰ってきて声をかける。病院へ向かうと女の子が産まれました。「ゆい」人と人との絆を結び付けてくれるという願いを込めて名前は「ゆい」

こうた達はなおが戦っている夢を見たのだが、ごまかした。

次回「れいかの道!私、留学します!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)