ハートキャッチプリキュア6話感想「スクープ!プリキュアの正体ばれちゃいました」

花咲つぼみ




ハートキャッチプリキュア6話「スクープ!プリキュアの正体ばれちゃいました」の感想です。つぼみは学校の花壇の手入れをしていると、朝から稽古しているいつきを見つける。スクープが好きなかなえは勝手に写真撮影をして追い出されてしまう。みんなからの評価が高い生徒会長の写真をGETできたと喜んでいました。

スクープ!プリキュアの正体ばれちゃいました

ハートキャッチプリキュア花咲つぼみ

教室ではプリキュアの目撃情報が話題になっていた。かなえはみんなの写真を教室に展示します。えりかは転んでるところの写真や男子はサッカーボール顔面でうけてるのとか、散々撮りまくってましたね。次はプリキュアの写真を撮影してくると張り切ります。つぼみは生徒会長の写真を見て心がドキドキしていました。

「こんな写真やめてくれ!」

「かなえったら酷いよ」

「ドキドキするような写真それこそがみんなを笑顔にするのよ」

「次はプリキュアをスクープしてみるからみんな期待してて!」

「えええええΣ(゚Д゚)プリキュアの写真楽しみにしています!」

かなえはプリキュアの情報を集めようと、三浦君に話を聞くが夢だった。店の客は見たことがあるようだが、有力な情報はなかった。さやかも夢の話だったが、植物園でプリキュアの目撃情報があった。だいきのサッカーの練習風景を撮影しようとしていると注意されてしまいます。

「どうせ失敗したところ写真に撮るんだろ?」

「かっこつけた写真じゃ面白くないでしょ?」

「お前の写真は面白ければそれでいいのか?」

「何よみんなが喜んでるんだからそれでいいじゃん」

かなえは植物園にやってきてシプレとコフレを発見します。後を追いかけるとイケメンが現れ、続いておばあちゃんがごまかします。シプレとコフレはコッペ様の中に隠れる。

「写真なら向こうに綺麗な花があるわ案内しましょうか?」

「あたしプリキュアを捜しているんですが怪物と戦う戦士なんですけど」

かなえはえりかのパパに会いに来ました。つぼみは自分の正体がバレてしまったのかもと焦るが違いました。つぼみのことを聞いてどんな女の子か想像していたがイメージ通りでテンションアップ。トップクラスのカメラマンみたいですね。かなえは写真のアドバイスを受けに来たのです。

「スクープをもっと撮りたいんです」

「驚かせることだけが写真じゃないよ」

「見てくれるみんなを笑顔にしたいんです」

「撮られる人と見る人、両方を幸せにするものじゃないかな?この写真には愛が足りない。人物というものはその人の心を写すものなんだ。男の子の熱いサッカーの心を撮る。一番大切なのは愛なのだ!」

大切なものは愛

キュアブロッサムキュアブロッサム

だいきに言われたことを思い出して、自分のことばかり考えて人の嫌がることをしてしまったと、かなえは落ち込んでしまいます(;Д;)サソリーナが声をかけて、変な人とシャッターを切ります。かなえはこころの花を奪われてしまいます。カメラのデザトリアンが暴れます。写真を撮られると動きが止まるみたいです!

「おもしろい写真を撮って何が悪いの?」

「今時写真なんてただのデジタルデータでしょ?そんなもので心を弱らせるなんてバカバカしいわ」

「心がと弱るほど真剣に写真に取り組んでいるんです」

「大切な心絶対取り戻して見せる」

つぼみとえりかはプリキュアに変身して襲われているサッカー部員を助けます。攻撃を仕掛けるがデザトリアンが大きくて、ブロッサムが弾かれて転倒。かばってマリンが停止させられます。このままでは危険だと判断しシプレはココロポットからレッドの種を出します。ココロパフュームにセットして使います。

「レッドの光の聖なるパフュームシュシュッと気分でスピードUP!」

「今のあたしは稲妻気分誰もをあたし止められないですブロッサムお尻パンチ」

「写真を愛するかなえさんの心をもてあそぶなんて私堪忍袋の緒がきれました!」

高速で動き回り連続攻撃をして追い詰めます。停止していてもマリンの表情が変わるんですよ!

この技は放送当時に水樹奈々ちゃんがライブでやっていましたね。ピンクフォルテウエイブで浄化してマリンも動けるようになりました。つぼみはかなえを励まし、かなえは自分の写真には愛が足りなかったことを認め、愛のあるカメラマンになると立ち上がります。 ブラックベリーの花言葉は人々を想いやる心です。

次の日につぼみは生徒会長いつきの写真をもらいます。つぼみがいつきを気に入ってたことを知るとは、かなえはちゃんと周りが見えるようです。えりかはつぼみが持っている写真を見て、いつきを気に入っていることを知り、写真を撮りあげます。

「お礼といっちゃなんだけどこれあげる」

「ほおお!これは?」

「正義のために戦うプリキュアの心をみんなに伝える写真を撮るの」

「これは?」

「それはお守りというか…とにかく違うんです返してください」

いつきの写真を返してもらおうと必死になるつぼみを見て、かなえは1枚の写真を撮影するのでした。

次回「あこがれの生徒会長!乙女心はかくせません!」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)