魔法少女リリカルなのは3話感想「街は危険がいっぱいなの?」

高町なのは
スポンサーリンク



魔法少女になった高町なのはが、はじめて失敗して落ち込んでしまう。本当は気づいていたのに気のせいかもしれないと確認しなかった結果、人々と街に被害を与えてしまい、防ぐことができたのにと悔やまれる物語です。

忙しい毎日

高町なのは

「ジュエルシード20!」開始してすぐに封印するなのはですが、体力の消費が激しく倒れ込んでしまいます。「大丈夫なんだけどちょっと疲れた。」翌日ユーノに起こされるが「今日は日曜だしもうちょっとお寝坊させて!」となかなか起きない。集めたジュエルシードは5個。休息を取るためにジュエルシード集めはお休みとなります。なのはの寝起きの顔が小学生とは思えないくらいの色っぽさである。

高町なのは

お父さんのサッカーチームの試合の応援にやってきたなのはとアリサとすずかの3人。勝利した翠屋チームは喫茶店でランチするが洋菓子の南梨央奈ではなくちょっとした食べ物もあるみたいですね。キーパーの男の子がジュエルシードを持っていてなのはがちょっと反応するが気のせいだと思い込んでしまった。アリサとすずかも帰宅することになりました。

高町なのは

家に帰ったなのははパジャマに着替えるのですが、ユーノ照れる。「なのはは晩御飯までおやすみなさい。」慣れない魔法を使うのが相当の疲労でぐっすり寝てしまう。

スポンサーリンク

ジュエルシード発動

高町なのは

サッカーのゴールキーパーの子とマネージャーの子が一緒に帰っていて、石を渡すと反応が!その石ジュエルシードだった。なのはが現場に急行する願いが強い人が発動させると大きな力になるみたいです。男の子役を演じているのは高橋美佳子さんである。

反応に気が付いたなのはは出かけようとすると士郎に声をかけられる。「なんだなのは一緒に入るか?」なのはは何歳までパパとお風呂に入っていたのでしょうか?この時史郎の身体は傷だらけで以前の仕事でボディーガードをしていて重傷を負ったとか小説で書かれています。

高町なのは

ジュエルシードは樹木と合体して大きく成長し、街を飲み込もうとしている。なのはは変身してエリアサーチでジュエルシードを探す。シューティングモードに変形してジュエルシードシリアル10を封印しましたが、めちゃくちゃになってしまった街を見て落ち込んでしまう。ユーノが使えない遠距離魔法をなのはは簡単に使ってしまうことに驚いている。

高町なのは

「魔法使いになって始めての失敗。自分のせいで誰かに迷惑がかかるのはとっても辛いです。自分なりの精一杯じゃなく本当の全開でユーノ君のお手伝いではなく自分の意志でジュエルシード集めをしようと思いました。」

次回「ライバル!もうひとりの魔法少女なの?」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください