[高町なのは魔法特集]一期から二期までの年齢と墜落事故の後遺症

高町なのは




魔法少女リリカルなのはが15周年を迎えて、人気声優の田村ゆかりさんが演じる「高町なのは」の一期から二期までの習得した魔法特集をしていきたいと思います。年齢と時空管理局に入隊し墜落事故での後遺症などをまとめていきたいと思います。魔法は話数ごとに使用した順番で記載しています。

高町なのは習得魔法(無印)

高町なのは

氏名:高町なのは
年齢:9歳
学校:私立聖祥大附属小学校3年生
得意科目:理数系
不得意科目:運動
魔導師ランク:AAA
性格:明るく元気だが辛いことや悲しいことを背負い込む

ユーノとの出会いから魔法を習得し愛機レイジングハートを受け取る。魔法少女として目覚め街の人に危害が出ないように、ロストロギアであるジュエルシード集めとするが失敗して落ち込んでしまう。本気で取り組もうとする中、フェイト・テスタロッサと出会い悲しい瞳をしていたことを気にするようになる。時空管理局に協力する形になるが、フェイトのことが気がかりで命令を無視して勝手な行動を取ることもある。高速戦闘は得意ではないが、射撃と防御魔法重視している。PT事件が終了し敵対していたフェイトとは親友になるのだった。実は左利きです。

念話

離れた相手に言葉を伝えることができる。魔法の中で初歩的なもので魔法を扱うものなら誰でも使用できるが、魔力を持たないものに伝えることはできない。

レイジングハート

なのはの愛機でインテリジェントデバイス。術者の魔法使用を助ける端末で、自分の魔法物質に合わせた形状に生成起動させる。初期に「魔法の杖を」イメージしたため最適な形状に決定させた。

バリアジャケット

術者の身を温度変化や衝撃から守る防護服を生成する。「身を守る強い衣装」のイメージで決定したため、学校の制服のシルエットを強く残している。

プロテクション

正式名称はアクティブプロテクションと呼ばれる。触れたものに反応して対象を弾き飛ばすバリアを発生させる。発動速度は早くて消費魔力も少ないが、防御能力は高くない。デバイスが独断で瞬時に発動させることもある。

シーリングモード・封印

ロストロギアジュエルシードを封印するために、レイジングハートを変形させる。植物や動物に融合したジュエルシードを封印し捕獲することができる。

ウエイトモード

持ち運びしやすいように宝石の形態。常にこのモードが多く、魔力強化装置としての役割もあり、術者が魔法を使う時にサポートしてくれる。

シューティングモード

魔力砲を使うための形態。

ディバインバスター

シューティングモードの状態で、魔方陣を展開し、杖周辺に生成される魔方陣により魔力の放出と収束をコントロールして大威力の砲撃を発射する。3話では封印するためにしようされた。なのはの主力魔法である。バリア貫通の効果が付加されていて防御しても魔力を大幅に削ることが可能。

フライヤーフィン

飛行と高速移動魔法。靴に生えた羽により飛行が可能。魔力リソースが少なく、制御ミスや落下などの危機が少ない。瞬間加速と最大速度に優れている。

ワイドエリアプロテクション

広域防御魔法で、アクティブプロテクションと違い攻撃を持たないが、広範囲を強力に防御することが可能。

ディバインシューター

射撃魔法で、杖の先端や周囲の空間に生成した「ディバインスフィア」から光弾を発射する。魔方陣制御やチャージを必要でないため、発動が早く連射することが可能。弾速は早くないが術者の意思で弾道をコントロール可能。

フラッシュムーブ

フェイトのブリッツアクションを見てなのはが習得した単距離の高速移動魔法。フェイトに比べて発動速度と機動性は劣る。

ディバインバスター・フルパワー

ディバインバスターの発射形態バリエーション。大幅な魔力消費により威力を落とさないままバスターの放射範囲を広げることが可能。

フラッシュインパクト

フラッシュムーブによる高速移動からの打撃に圧縮魔力を乗せた攻撃。

ディバインシューターマルチシュート/コントロールシュート

発射体であるディバインスフィアの複製生成と同時発射を行うマルチシュート。ロックした相手に対する誘導飛行の性能。発射後の術者による弾道制御コントロールシュートを得た完成形。

ラウンドシールド

魔力弾系攻撃に対して強力な防御力を誇るシールド系魔法。

レストリックロック

空間に対して仕掛けられる範囲対象の捕獲魔法。発動から完成までの間、指定空域内から脱出できなかった対象をその場に固定し、捕獲輪で動きや移動を封じる。範囲内であれば複数の対象を同時に捕獲することも可能。

スターライトブレイカー

ディバインバスターのバリエーション。シーリングモードから放つ放射魔法。魔方陣を中央に周辺空域から集めた魔力を集積して術者の魔力とトトに全威力を一瞬で放射する。なのはの必殺技。

ディバインシューター・フルパワー

ディバインスフィアの多数瀬世による一斉魔力射撃。大きな魔力消費により自動追尾とバリア無効化の能力を失われないまま弾数が増えている。

高町なのは習得魔法(A’s)

ディバインシューター(練習用)

ミッドチルダ式戦闘魔導師の基本。誘導制御を付加した誘導弾であり、「アクセル」のコマンドで弾体を加速することができる。呪文は「福音たる輝きこの手に来たれ。導きの元鳴り響け」早朝のトレーニングで空き缶をターゲットにして練習している。

リアクターパージ

バリアジャケットの最終防御機能。防御限界ダメージを受けた場合に自ら爆散することで衝突のエネルギーを相殺することができる。破壊されたジャケットの修復はすぐには行えない。

スターライトブレイカー+

なのは最大の収束砲撃で半年の間に強化され10秒のチャージ時間と引き換えに威力と射程が増加されている。

レイジングハートエクセリオン

「CVK792-A」の部品を組み込みベルカ式カートリッジシステムを搭載したレイジングハート。6連装オートマチック式のカートリッジシステムが加わり、射撃魔法と弾体の加速と威力強化を徹底されている。中距離高速戦闘戦闘モードになっている。

バリアジャケット・セイクリックモード

肩部のフィールドジェネレーターと袖部、上半身の防御性能に徹底して強化されている。構築するための魔力消費量は多くなった。高速軌道は若干低下している。

アクセルフィン

飛翔魔法フライアーフィンの強化版で、瞬間加速性能が高くなった。

プロテクションパワード

プロテクションの強化版で、カートリッジの魔力を使い強力な防御魔法。魔力消費は激しいが、物理攻撃に対して優れた防御力を発揮する。

バリアバースト

プロテクションからの派生魔法で、発生させたバリアに魔力を集中し爆散させることで、ダメージと衝撃によるノックバックを与える。爆風と衝撃を利用し後退させることで射撃魔法の距離が取れる。

アクセルシューター

ディバインシューターの応用型で、捜査反応が上昇し対応、威力、貫通力、飛翔速度が強化されている。移動しながらの発射が不可能になったが、最大12発の同時発射が可能で、精密誘導操作によって中距離で攻防一体の魔法となる。

ディバインバスター・エクステンション

レイジングハートのバスターモードから発射される射撃魔法。エクステンションは伸張という意味で、最大射程距離が伸びている。アウトレンジからの攻撃も可能である。一瞬で踏破する驚異的な弾速と威力でバリア貫通効果がある。

バインドブレイク

自分にかけられたバインドを破壊する魔法。方式解析を行い結合を解きながら、魔力を込めて破壊する。

ワイドエリアプロテクション

カートリッジ2発を使用する広域防御魔法。前面集中防御と背後への回り込みを防止を両立させている。

エクセリオンモード

出力リミッターを解除したフルドライブモード。爆発的な出力を出し、術者の能力を限界まで底上げする目的としている。魔力消費や攻防全てにおけるカートリッジ消費は激しく危険を伴う。

エクセリオンバスターA.C.S

瞬間突撃システムA.C.S(Accelerate Charge System)で半実体化する刃ストライクフレームを先端に形成する。充填したエネルギーを高速突撃に使用し、防御を貫通させ零距離射撃を撃ち込む突撃砲。

バレルショット

補助効果付きの複合高速砲撃。高威力砲撃を放つ際に必要となる、昇順、弾道安定、発射直後の爆散、拡散を防止するための補助魔法で、車線上から逃さないための不可視バインド。

エクセリオンバスター

エクセリオンモードでの砲撃魔法。射程はバスターよりも短くなっているが、バリア貫通着弾時反応炸裂の効果を持っている。フォースバーストは最大4連での同時砲撃。中距離戦での切り札となる。

スターライトブレイカーex

レクセリオンモードで放つ全力全開の砲撃魔法。周辺魔力を集めてカートリッジを全て使用し、10秒チャージタイムを半分に減らして発射可能になった。限界を超えて放たれるため、レイジングハートへの負荷も多く使用後はメンテナンスを行わないといけない。なのはも魔力消費が激しく、一定時間経過しないと回復できない。最後の切り札である。

墜落事故と後遺症

高町なのは

闇の書事件が解決してから本局に入隊して2年目の冬に事故が発生した。3期のStrikerSで衝撃の映像が流れるが詳しくは語られていない。異世界での任務の帰りに未確認隊による襲撃があった。正体はゆりかご内部の起動兵器ガジェットドローン。AMF能力を持っているため魔力ダメージを与えることができず、接近されると飛行魔法も無力化されてしまう。無茶を続けてきた疲労により動きが鈍り墜落してしまった。この時からスカリエッティはレリックを集めていたのだろう。ヴィータをかばい、なんとか撃破するのだが重傷を負ってしまう。フェイトは執務官の試験を受けるのだが、なのはのことが気になり不合格となる。

魔法を使って飛べるどころか、日常生活で歩けなくなるかもしれないと宣告されたが、なのはなみんなを心配させないようにと笑顔だった。本人が一番辛い状況なのにも関わらず、いつも周囲の人を気にかけていてくれた。必死のリハビリで元気な姿を取り戻すことができたなのはは3期で管理局の教導隊の隊長として、危険な任務でも無事に帰ってきてほしいと願いを込めて局員に指導する。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)