スマイルプリキュア2話感想「燃えろ!熱血キュアサニーやで!!」

キュアサニー
スポンサーリンク



転校生の星空みゆきはキャンディと出会いバットエンド王国と戦うため、スマイルパクトを入手して伝説の戦士プリキュアへと覚醒した。悪の皇帝ピエーロの復活を阻止するためキュアデコルと仲間を集めるキュアハッピー。スマイルプリキュア2話「燃えろ!熱血キュアサニーやで!」の感想です。

バレー部のエース

日野あかね

改めて自己紹介する星空みゆきとキャンディ。キュアデコルをスマイルパクトにセットして苺を出して空腹を満たす。プリキュアは全員で5人いるみたいで、残り4人のメンバーを探すことになりました。

星空みゆき

体育の授業でバレーが行われ、やよいは泣き虫レシーブ、みゆきは顔面トス、あかねはかっこよくアタックを決める。れいかとなおはブロックしようとしたが止められなかった。お昼休みにみゆきは、やよいとあかねに一緒にプリキュアやろうと話しを持ちかける。キャンディはプリキュアのことは秘密で誰でもなれるとは限らないと注意する。

星空みゆき

「今、羊のぬいぐるみ隠したやろ?」

「羊じゃないクル!」

バレそうになったがごまかせた。あかねはバレーのことでいっぱいなので断られた。放課後にバレー部の練習を見に行ったら、あかねは調子が悪そうでエースだと思われていたが、ゆかがエースのようだ。

日野あかね

「泣いてるとハッピーが逃げちゃうよスマイルスマイル!」川辺で練習しているあかねを見て泣いてると勘違いしたみゆきは励ます。「ウチは泣いてへん汗や!今必要なのは特訓や!」とあかねの練習に付き合うのだった。坂から転げ落ちるみゆきがおもしろい(#^.^#)

スポンサーリンク

ウルフルンVSキュアハッピー

ウルフルン

「日野さん頑張って!」翌日みゆきはあかねを応援するためバレー部にやってきた。ウルフルンが現れバッドエンド空間を作り出した。「努力など無駄なだけなのに馬鹿な奴らばかりだ!」みゆきは怒りキュアハッピーへと変身する。「無駄なんかじゃない!目標に向かって頑張ってる日野さんを私の友達をバカにするなんて絶対に許さないんだから!」

キュアハッピー

バレーボールのアカンベェが襲い掛かる。「無理無理絶対無理。」と怖がりながら上手くキックを命中させる。必殺技のプリキュアハッピーシャワーを放つが外れてしまう。「嘘外れちゃった?疲れた。」再びハッピーシャワーを使おうとしたら撃てなかった。変身1回につき1回しか発動できなかったようだ。

キュアハッピー

「このくらいのことで泣かないもん!ハッピーが逃げちゃうスマイルスマイル!」アカンベェに握り潰されそうになるハッピーだが笑顔だった。ハッピーの言葉を聞いてあかねはバッドエンド空間から自分を取り戻す。

「星空さんなん?」

「あ!はい!返事しちゃった。それは秘密なの!」

「さっきこいつを友達とか言ってたな?くだらん一生懸命だのバットエンドの空間にそんなもん必要ないんだよ?」

「友達はくだらなくなんかないよ!楽しい時うれしい時ともだちがいれば2倍3倍にハッピーになれるし、悲しい時や辛い時は側にいてくれる。とっても大切なものなの!」

キュアハッピー

「ウチの友達になにしてくれてんねん!星空さんはウチを励まして応援してくれたんや!次はウチが助ける番や!大切なもん馬鹿にする奴は絶対許さへんで!」

あかねはアカンベェにバレーボールを投げて足を掴み助けようと必死になる。あかねは光に包まれキャンディからプリキュアの説明を受ける。スマイルパクトでキュアサニーへと変身する。

キュアサニー

「プリキュアスマイルチャージ!太陽サンサン熱血パワー!キュアサニ―」

「ほんまに変身してもうた。太陽サンサンキュアサニ―ってめっちゃ恥ずかしいやん!」キュアハッピーにカッコイイと励まされ浮かれるキュアサニー。アカンベェに押しつぶされそうになると受け止める。「何がアカンベェや!」投げ飛ばし必殺技を発動「プリキュアサニーファイヤー!」で浄化する。

キュアデコルを入手してバッドエンド空間から解放された。これで2人目のプリキュアが集まった。「あかねでええって。もう友達やしな。これからよろしくなみゆき!」お互い名前で呼び合えるようになりました。プリキュアは友達を大切にする子がなれるかもしれない。みゆきのこの笑顔がかわいい(#^.^#)

次回「じゃんけんポンでキュアピース!」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)