スタートゥインクルプリキュア17話感想「ブルーキャットの探しモノ」

ブルーキャット
スポンサーリンク



スタートゥインクルプリキュア17話感想「敵?味方?ブルーキャットの探しモノ」の感想です。再びゼニー星にやってきたひかるたちは、ドラムスの屋敷にあるプリンセススターカラーペンを譲ってくれないかお願いしにやってきた。そこへ怪盗ブルーキャットがペンを盗むのを協力するように持ちかけてきた。

ブルーキャットの目的

スタートゥインクルプリキュア

ドラムスもペンを狙っていて勝負することになりました。屋敷に侵入すると頭上にセンサーが設置されていてレーザーが発射される。えれなが走りレーザーを誘導してプルンスがロープに変身する。ブルーキャットがロープを使いレーザー砲を破壊するのだった。

ブルーキャットは何故プリキュアのことを知っているのか?続いてドラゴン兵団が立ち向かうが、逃走中にひかるが転んで気絶する。ブルーキャットはドラムスに変身してドラムスになりドラゴン兵団を誘導する。

部屋へ逃げ込むと宇宙番犬と呼ばれる猛獣ケルベロスに遭遇する。「宇宙ケルベロスキラやば!」とひかるは犬のように飼いならして誘導するのだった。お宝にたどり着いたひかるたちだが、惑星レインボーの宝を見ていたブルーキャットのことを気にしていた。

ドラムスはブルーキャットのことを調べていた。惑星レインボーの宝以外は貧しい人々に渡していたのだ。今までプリキュアに変身するのを拒んでいたが、ドラムスはお宝を壊そうとしたため、ひかるたちは変身することになった。

「この宝物はブルーキャットを笑顔にしたんだ。心からの笑顔を!」

ドラムスの持っているリモコンを奪おうとするとカッパードがやってきた。ドラムスの力を吸収してキュアスターを狙うが、ブルーキャットと協力してペンの奪取に成功する。おとめ座のペンを使いソレイユシュートでノットレイダーを吹き飛ばす。

ノットレイダーが来て面倒事になるならプリンセススターカラーペンを持って行けとドラムスから譲ってもらいました。プリキュアをドラゴン兵団に入ってくれるようにお願いするが断り、ブルーキャットの狙いは惑星レインボーの宝だと判明した。

次回「つかめ新連載!お母さんのまんが道!」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)