魔法少女リリカルなのはStrikerS23話感想「Stars Strike」

高町なのは




魔法少女リリカルなのはStrikerS23話「Stars Strike」の感想です。通路を曲がった瞬間ディエチの最大砲撃がなのはを襲う。エクセリオンバスターで相殺しようと思ったが威力が高く、ブラスターシステムリミット1を発動させた。一瞬でディエチを吹き飛ばしシーリングロックをかけて拘束した。

「ブラスターシステムリミット1リリース!ブラストシュート!」

「こいつ本当に人間か?」

「じっとしてなさい。突入隊があなたを確保して安全な場所まで護送してくれる。この船は私たちが停止させる」

なのはVSヴィヴィオ

ヴィヴィオ高町なのは

ヴィヴィオのところへたどり着くとそこにはクアットロが待ち構えていた。モニターを見せて各地での起動六課が苦戦しているのを見るが表情を曇らせることはなかった。ヴィヴィオは攻撃を受けても古代スキル聖王の鎧でノーダメージにすることができるため、最初にギンガが絡んだ事件でトレーラーを破壊したのもヴィヴィオだった。

究極の生体兵器レリックウェポンとなりヴィヴィオは聖王の姿へ変身するのだった。スカリエッティにロストロギアを移植され、ゆりかごの駆動炉と接続されているため互いに無限にエネルギーを供給できる。なのははブラスターシステムリミット2を発動させる。

「あなたのお仲間は各地で大変なことになってますよ?」

「大規模騒乱罪であなたを逮捕します!すぐに武装の解除を」

「仲間の危機と自分の子供のピンチにも表情ひとつ変えずお仕事ですか?いいですねその悪魔じみた正義感」

「あなたがヴィヴィオのママをどこかへさらった」

「違うよママだよ」

「あなたなんかママじゃない!」

「さぁ親子仲良く殺し合いなさい」

Stars Strike

ティアナスバル

ティアナはナンバーズ3人を相手に幻術で攻めていたのだが発見されてしまう。右足に大ダメージ、魔力もカートリッジも残りわずかで勝負を懸けることにした。ティアナはクロスミラージュに「自分はどんなに頑張っても超一流の万能な人間にはなれない」と語る。

ナンバーズは最初のフォーメーションと一緒でティアナは一瞬で書道を見抜いた。クロスファイア単発を発射してディードのツインブレイズをダガーモードで受け止めウェンディと一緒に倒す。

「あなたたちを保護します。武装を解除しなさい」

ヘリから狙撃してガジェットを次々撃破していくヴァイス。ザフィーラとシャマルが地上での指揮をしていたオットーの逮捕に成功するのだった。ザフィーラの雄叫びで鋼のくびきが炸裂する。

「上手く隠れてたけど、クラールヴェントのセンサーからは逃げられない」

「先日の起動六課襲撃の容疑で、でやぁぁぁぁ!」

スバルとギンガはクイントの本当の子供ではなかったのだが、検査してみると遺伝子が全く一緒で、どこかで遺伝子データを盗まれて戦闘機人として作られた可能性が高いとマリエルからの報告で分かった。

スバルはギンガにボコボコにされてアッパーをくらう。「やっぱり無理だったんだ。あたしは弱くて情けないまんまで終わっちゃうんだ…」とどめを刺されそうになった瞬間マッハキャリバーが独断でスバルの身体を操作する。

「練習通りです。まだ動けます私もあなたも…まだ戦えます。なのにこんな所で終わる気ですか?あなたが教えてくれた私の生まれた理由。あなたの憧れる強さ。嘘にしないでください!」

「災害とかどうしようもない状況が起きた時、苦しくて悲しくて助けてって泣いてる人を助けてあげたいです。自分の力で安全なところまで一直線に!」

「行くよマッハキャリバー!フルドライブギアエクセリオン!」

ウイングロードを駆けてスバルとギンガがぶつかり合う、リボルバーギムレットをギリギリで回避して、ディバインバスターを零距離第砲撃を発射する。いつも勝利することができなかった姉をようやく倒すことができて、なのはヴィータから教えてもらった防御と砲撃が実践で役に立った。

「一撃必倒ディバインバスター!」

リインフォースレジアス

ゼストが本部へ突入するとレジアスが待っていた。オーリスもゼストのことを知っていて、聞きたいこととは8年前の事件でゼスト隊を全滅させたのはレジアスの指示なのか問い詰める。写真にはクイントとメガーヌの姿があった。スバルの母とルーテシアの母は同じ部隊だった。

「共に語り合った俺とお前の正義はどうなっている?」

シグナムはガジェットを撃破しながら本部へ到着すると、アギトがゼストのために結界を展開して妨害しようとしていた。シグナムはあっさり結界を破り話すのだった。

クアットロに操られてヴィヴィオが聖王の姿に変身しなのはと対立する。親子同士殺し合いをさせるとはクアットロ悪女のイメージがすごすぎる。ティアナが不利な状況でナンバーズ2名を倒し、形勢逆転するこのシーンはカッコイイ(#^.^#)連携攻撃を瞬時に見切り状況判断が素晴らしい。スバルも諦めかけた時にマッハキャリバーが切り替わりスバルの身体を操作したのには驚いた。相棒の言葉を聞いてフルドライブ起動すると羽が展開。最後はレジアスとゼストの会話が気になるがルーテシアのママが地上部隊にいたのも驚いた。

次回「電光」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)