東京ミュウミュウ23話感想「恋は突然!乙女のハートをうけとめて」




東京ミュウミュウ23話「恋は突然!乙女のハートをうけとめて」の感想です。カフェミュウミュウではケーキバイキング食べ放題のイベントをしていて行列ができていた。いちごの友達もえとみわが来ていた。どうやら二人には気になる出会いがあったのだが、その相手とは赤坂と白金だったのだ。

出会い

白金赤坂

「お前ら女の子を囲んでどうするつもりだ!やるのか?」白金は男共に囲まれていたもえを助け出した。イケメンすぎる白金カッコいいし惚れるわ。もえは紅茶屋さんでカモミールの箱を落として破損させてしまった。店員に見られると赤坂が拾い「これいただきます。私すぐ使うつもりなんで」最高の笑顔で対応していた。いちごは運命のキューピットと言われて相談を受けた。

白金は不愛想だし赤坂は歳が離れすぎていて、上手くいかない可能性が高い。もしそうなら傷ついてしまうかもしれないと心配する。大事なのはふたりの気持ちだと青山は応戦するのだった。

赤坂と白金は都内で湧き水でできた池を調査しようと向かうが、もえとみわがいた。少し話がしたいとカフェで過ごすのだった。そこから閉店までずっといて調査ができなかった。みんとたちはこの様子を見ていちごが青山のことで燃え上がるのと一緒だと思っていたのだが、いちごは自覚がなかった。二人には秘密があるのではないかと疑い始める。もえとみわは弁当とポエムを作ろうと張り切る。

恋は突然!乙女のハートをうけとめて

桃宮いちご桃宮いちご

可愛いお弁当箱とポエムをラッピングして渡すのだが、急用のためミュウアクアの調査に向かう。受け取ってもらえなかったことにガッカリしてしまい落ち込んでしまう。カフェにお弁当を置いてきたのだが元気をなくして帰ってしまう。

「白金も赤坂さんも大事なところで何よ!」

「こんなところで缶蹴りか?」

缶を蹴ると調査にきていた白金に当たってしまった。そこへキッシュが登場しキメラアニマを生み出す。スピリッツを奪われたのはもえとみわだった。求愛のダンスをして白金と赤坂を追いかけている間にミュウイチゴの必殺技で浄化する。池にはミュウアクアではなくミュウアクアのしずくだった。

「素敵なポエムありがとうございました」

「レジのところに弁当があったから食っちまったぜ!うまかったぜ愛情ってやつがこもっててさ」

赤坂はみわのポエムを呼んで返事に詩を書いた。白金はもえのお弁当を食べてくれた。もえとみわは自分たちではつりあいそうにはないと判断しファンクラブを作ろうと考えた。

次回「不思議な宝石、輝きはあなたの中に」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)