東京ミュウミュウ25話感想「恋のハードル、いちごの恋は障害だらけ」

桃宮いちご




東京ミュウミュウ25話「恋のハードル、いちごの恋は障害だらけ」の感想です。青山といちごが一緒の下校していると学校の女子たちの噂になっていた。いちごは青山に声をかけられ帰ろうとしたのだが「いちごカフェミュウミュウに来い!全速力で来いよ!」と白金から連絡があった。

ミュウアクア

藍沢みんと桃宮いちご

カフェに到着するといちごの機嫌が悪かった。緊急の招集はミュウアクアについて重要なことが分かった。東京周辺関東の地形に眠っていることが判明したのだが、はっきりとした場所は分からなかった。ミュウミュウがミュウアクアに反応すると身体が反応する可能性が高い。赤坂は遺跡発掘に使用する機材をミュウアクアのために準備していた。

東京周辺の地下が陥没する事件が多発していた。エイリアンも情報を入手したのだが、キッシュはディープブルーにミュウアクアのしずくを入手したことは秘密にしていた。キッシュはミュウアクアを探知することができるキメラモグラを数体使い、東京周辺の地層を捜索していた。どうやら今回の作戦でディープブルーに何かしようと企んでした。

キッシュは蛾を育成するため東京タワー準備していた。成虫まで進化すると高濃度の環境汚染物質が都内全域に感染させることができる。マシャは繭を発見するが鳥の巣だと間違える。どうやら疲れてるが文句言わないと物々言っている。青山はいちごが忙しくて疲れていることを心配している。

「これじゃいつまで経っても見つからないよ」

「そう焦るな。どうせ暇なんだろ?任務なんだ仕方ないだろ?」

「私が許せないのはその白金の態度なんだから!」

「稜ちょっと言い過ぎですよ?」

いちごは白金の態度が気に入らなくてカフェを出て行ってしまった。れたすは白金をフォローするとみんとにつっこまれる。白金は蒼の騎士なのに何故厳しい態度を取るのだろうか?いちごは学校で立ち眩み倒れそうになると、青山にお姫様抱っこされて保健室へ向かう。キスされると思ったが熱を測ろうとおでこの合わせただけだった。いちごの携帯電話の着メロを聞いてキャンディー5が好きだと知る。

恋のハードル、いちごの恋は障害だらけ

桃宮いちご赤坂圭一郎

いちごは青山に優しくされて機嫌がよくなり、昨日のことを白金に謝った。すると青山から連絡があり「今日空いてる?」その会話を聞いた白金は「夕方で捜索を切り上げるぞ疲れが溜まっているからな!」と青山はキャンディー5のチケットを入手して驚かせようとしていた。

キメラモグラはミュウアクアを感知し、東京タワーの繭も羽化寸前。赤坂はマシャに金色の糸が付着していることを発見した。分析結果を全員に連絡する。

「マシャが大量の有毒物質を含む繭を発見しました。巨大な蛾のキメラアニマです。何としても阻止してください。市失敗すれば東京は壊滅します…」

「どこへ行けばいいんだ?」

「東京タワーです」

次回「時間よ止まれ!」胸にあふれる愛しい気持ち」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)