トロピカル~ジュプリキュア10話感想「やる気重ねてミックストロピカル」

キュアサマー




トロピカル~ジュプリキュア10話「やる気重ねて!プリキュア!ミックストロピカル!」の感想です。テスト期間になり部活をしないで3人は帰宅しようとするのだが、まなつはテストで9点をとってしまい落第点で部活禁止になってしまうことを聞いて慌てる。

奪われたやる気

夏海まなつトロピカル~ジュプリキュア1

チョンギーレは魔女様のためにシーフードミックスを煮込んでいる。バトラーに命じられ煮込んでいる間にやる気を集めてくるようにと、パワーアップしたヤラネーダの玉を受け取る。

まなつはテスト勉強をやろうとするのだが、部屋でローラとくるるんが玉遊びしているのが気になった。喉が渇いた。部屋が散らかっているため掃除をしようとしたり、本見たりと全然やる気がなかった。遂にローラにツッコまれてしまう。

「マンゴー大福美味しそう!ローラはどれが食べたい?」

「いつになったら勉強やるの?全然やる気ないでしょう?」

ひとりではどうすることもできずみんなにテスト勉強の方法を聞く。みのりは習ったらその日のうちに覚えるためテスト勉強はしなかった。人魚もテストがあり女王になるためにたくさん学ぶことがあるようだ。チョンギーレはぜんぜんヤラネーダを召喚しで騒動を起こす。さんごはテスト範囲を教えるのだが、街の異変に気が付き出動する。

教科書のヤラネーダに攻撃を仕掛けると一撃で吹き飛ばされてしまった。これまでの敵とは比べ物にならない強さ。キュアサマーは必殺技おてんとサマーストライクを命中させるが、浄化することができず反撃され変身解除されてしまう。更にやる気をうばい取られてしまった。

「なんにもやりたくないです…おやすみなさい…」

「ったく油断するからよ!」

ローラはマーメイドアクアポットでやる気を取り返すのだが、攻撃を受けてポットは水路に落下して流されてしまった。ヤラネーダはその後も街の人からやる気を奪い取り、チョンギーレのタイマーが鳴り退却するのだった。やる気奪うよりも料理の方が優先である。

「私のことは放っておいてください…何にもやる気が起きないんだ…」

「ちょっとまなつ何言ってんの?あなたそれでもプリキュアなの?」

「プリキュアめんどくさいな…辞めま~す!」

「プリキュア辞めるですって!ふざけんなぁ~」

ローラに気遣われているとまさかのプリキュア辞める発言。プリキュアになれなかったり変身できなくなったりするキャラはいたが、やる気なくなって辞めると言ったのはまなつは初めてである。ローラは怒り水路に飛び込みアクアポットの捜索を開始する。

チョンギーレが城に戻ると、魔女は寝てしまい料理を食べてもらいないことに怒り出す。魔女が食べたいと要望がありせっかく作ったのにかわいそうに。冷めてしまったら美味しくないだろうと文句言いながら、再びやる気を奪いに人間界へ出撃する。

やるきを失ったまなつに声をかけるのだが、どれもこれも面倒だと相手にされなかった。あすかはそんな態度に怒るのだがさんごが止めに入る。すると再びヤラネーダが出現し、街の人からやる気を奪いとる。3人は変身して戦うが苦戦しダメージを受ける。

「新作のネイルなの塗ってみない?」

「めんどくさいからいい」

「びっくり人魚図鑑すごく面白かったよ見る?」

「眠いからパス」

「マンゴー味のメロンパン一緒に食べよう」

「口動かすのめんどくさい」

ローラは水路の隅々まで探すのだが見つからず、海まで流されてしまったのではと不安になる。もし見つからなかったらまなつはやる気のないままで、プリキュアにも変身できず自分が女王になるための道が閉ざされてしまうかもしれない。最後の水路を進もうとするのだが、他からの汚染水が流れ込みものすごく濁って汚かった。まなつのやる気を取り戻すためローラは汚れた水路を進むのだった。まなつへの愛を感じました。

「残る水路はこの先、うわなんか濁ってる。こんなの無理無理絶対無理!こんなとこ泳げるわけないわ…まなつのおたんこなす」

「何が大事かそれを決めるのは自分だよ!」

「やる気が奪われるの放っておけない」

「やる気を守ることそれが今一番大事なことだ!」

「やっと終わったな…」

「終わりじゃない…いじめるな…私の友達をいじめるなぁぁぁぁ!」

まなつはやる気のない状態で立ち上がりヤラネーダの前に出る。攻撃から庇い3人は倒されてしまう。まなつは自分の中からやる気を出してプリキュアに変身した。泥だらけになったローラは水路の付近でくるるんとアクアポットを発見して戻ってくると、そこにはキュアサマーの姿があった。ローラは目を輝かせやる気をサマーに戻すと、新しいリングが誕生する。

やる気重ねて!プリキュア!ミックストロピカル

ローラトロピカル~ジュプリキュア1

ハートカルテットリングをハートルージュロッドにセットして合体技プリキュアミックストロピカルで浄化に成功する。みんなのやる気を取り戻すことに成功した。ぜんぜんヤラネーダは合体技でないと浄化できないようだ。泥まみれのローラを見てまなつは声をかける。

「あれローラ怒ってる?」

「怒ってるに決まってるでしょ!何よプリキュア辞めるって馬鹿!」

「ごめんねローラ。何があっても辞めないよ。だってプリキュアって最高にトロピカってるもん…ローラちょっと臭い」

「まなつのせいでしょ!」

まなつが復活したことで強気のローラは涙目になり怒り出すと、まなつはローラに謝り抱きしめる。プリキュアは最高だから辞めないと、この言葉がローラにとって最高にうれしかったに違いない。このシーン好き♡最終的にまなつは数学13点、英語10点、理科18点、社会10点、国語?の赤点ばかりで追試決定。部活禁止を免れるために勉強を頑張るのだった。

次回「もりあがれ!海辺のサンドアート」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)