ヒーリングっどプリキュア1話感想「手と手でキュン!キュアグレース」

キュアグレース




ヒーリングっどプリキュア1話「手と手でキュン!二人でプリキュア♥キュアグレース」の感想です。2020年新しいプリキュアがスタートしました。主人公の名前は「花寺のどか」庭が広い新しい家に引っ越ししてきたようだ。家族構成は父と母との3人暮らしのようだ。海と山があり自然が豊かな街にやってきたのどかは走り出す。

「あの子やっと自由に走れるようになったんだから…」と母が言っているが足が不自由だったのか?身体がどこか悪かったのか?病気だったのだろうか?

「ラテお母さんの代わりに王女の務めをお願いね…」とラテの母親であるテアティーヌが、人間のパートナーを探すようにヒーリングアニマルであるラビリン、ペギタン、ニャトランに「心の肉球にキュンときた人間にそれを渡しなさい」想いを託す。

「ここからどんな出会いが待ってるのかな?今日が私の第一歩!」

プロローグが終了しOP主題歌「ヒーリングっど♥プリキュア Touch!!」が流れる。

花寺のどか

花寺のどか

画像引用元:アニメイトタイムズ

のどかは新しい街を歩くと日帰り温泉、ハーブショップなど身体に優しい街のようだ。アニマルクリニックとカフェの近くで平光ひなたと衝突してしまう。「ごめんねごめんね大丈夫?めっちゃ痛いよね?怪我とか平気?」と身体をさする。

「私もよそ見していたのでお気になさらず…」と答えるのどかに対し「え?うそ?優しいめっちゃいい人…今度遊びに来てうちのジュースごちそうするし!じゃあ~」とハイテンションで明るい性格の少女は光の速さでいなくなった。ジュースおごるって…店でもやってるのでしょうか?

ヒーリングアニマル

ラビリン

画像引用元:アニメイトタイムズ

のどかはみんなの役に立ちたいと、重い荷物を運んでいたお婆さんに声をかけて持ってあげた。ヒーリングアニマルの三人んは人間界へやってきてパートナーを探していた。「地球のお手当を頼みんだから、お医者さんを探すラビ!大人で強くて絶対失敗しないお医者さんがいいラビ!」ペギタンは優しい人を、ニャトランはノリがあいそうな人を探すと全員意見が異なった。

「あの!この辺りにお医者しゃんいないラビ?ヒーリングガーデンから来たお手当部隊!」と人間に話しかけるがよくできたぬいぐるみだと大人たちはあまり興味を持たなかった。子供たちが変なウサギたちだと動物園から逃げたのかもと追いかけてくる。

花寺のどか

画像引用元:アニメイトタイムズ

道を歩いていると沢泉ちゆがシュシュを落としてしまい、のどかが届ける。息切れして疲れてしまったのどかは水をもらう。「少しは回復した」と心配され「少しやすんでいくので」と近くの公園で休みことになった。

「生きてるって感じ」のどかは公園で寝ていると、ビョーゲンズのダルイセンがメガビョーゲンが花のエレメントを襲う。今回のプリキュアの敵は人間の歪んだ心に反応したりするのではなく、すぐに送り込めるようだ。

ラテ

画像引用:アニメイトタイムズ

ラテの体調が悪化してビョーゲンズが出現したことを察する。「あっちの方お花が泣いてるラテ…」ラビは聴診器と取り出しラテの心の声を聞き取る。講演はパニックになり人々が非難する。

「ただでさえ見習のお前たちが俺たちに勝てるわけない」

「やってみなきゃわかんないラビ!」

「パートナーを見つけないと無理ペエ」

「だからって、ほっとけないラビ地球がこんなに苦しんでるのに…」

「大丈夫私はもう走れる!」

ラビはメガビョーゲンに立ち向かうがかなうはずもなかった。のどかは犬がいることを知り助けに向かう。人間の協力が必要だとラビは「誰か?誰かいないラビ?誰かお医者さんはいないラビ?」助けを求めるが気が倒れてきて足が挟まってしまう。

のどかとラビリン

花寺のどか

画像引用元:アニメイトタイムズ

「いた!ワンちゃん大丈夫?早く病院に行かないと」のどかが駆けつけラビを助けてラテを抱きかかえるが「言っても無駄ニャ病院じゃだめニャ!ラテ様を治すにはあっちで暴れてるメガビョーゲンを倒して、地球をお手当するしかないペエ」と説明される。

「地球をお手当?メガビョーゲンってあれのこと?あんなのどうやって…」不安になるが自分が病弱だったことを思い出し家族が側にいてくれたことを思い出した。

「決めたじゃない!今度は私の番!ワンちゃん大丈夫だよみんながついてるからね!あなたたちはそのお手当の方法知ってるんだよね?私に何かできることない?私なんでもする!」

「あなたには無理ラビ早くここから逃げるラビ」

「嫌だ!だからってほっとけないよ。こんなに苦しんでるのに…私この子を助けたい」

「私はラビ!あなたは?」

「のどか…花寺のどか」

「本当にあいつに立ち向かう勇気はあるラビ?」

「この子を助けられるならいくらでも…」

「のどか…ラビリンと一緒にプリキュアになるラビ」

「ありがとうラビリン…プリキュア?」

「のどかのこ花のエレメントボトルをセットするラビ」

のどかの言葉を聞いて、自分と同じ想いを感じとったラビの肉球が光り、ヒーリングステッキを渡すのだった。

重なる二つの花キュアグレース

キュアグレース

画像引用:アニメイトタイムズ

「スタートプリキュアオペレーション!」の掛け声から初変身シーンがスタートしてのどかはキュアグレースに変身した。「何これどうやって着替えたの?」と驚くが「それ以外に驚くことないラビ」とツッコまれる。初ジャンプでは超人的な脚力で空へ飛びあがり、メガビョーゲンの攻撃を防ぎ落下の勢いでかかと落としを決める。今回のプリキュアは妖精もヒーリングステッキに加わり一緒に戦えるスタイルで、お互いにサポートできるようだ。

ヒーリングステッキの肉球に1回タッチしてメガビョーゲンをキュアスキャンをする。地球から奪った花のエレメントを確認する。パンチを受け止めて全身で回転しながら投げ飛ばし動きを封じる。肉球に3回タッチして必殺技を発動させる。

「エレメントチャージ!ヒーリングゲージ上昇!プリキュアヒーリングフラワーお大事に…」

キュアグレースの必殺技でメガビョーゲンを浄化し花のエレメントを取り戻した。「すごいすごいこんなに跳べる私の身体じゃないみたい」と大喜びするキュアグレース。ラビは変身を解除しのどかの姿に戻る。自分の意思と妖精の意思がないと変身できず、強制変身解除も可能みたい。

ペギタンは花のエレメントに聴診器を当てて言葉を聞く。メガビョーゲンを浄化したのだが対応が遅れたためラテの症状は良くならなかった。花のエレメントはエレメントボトルに力を別けてくれてラテに与えた。

「そういえばなんでウサギが喋ってるの?お花も喋ってたし、みんな一体何者?」のどか驚いているが性格が、のんびりおっとりしているためか反応が遅めである。

次回「パートナー解消!?わたしじゃだめなの?」

EDテーマは「ミラクルっと♥Link Ring!」で春夏秋冬のイメージでプリキュアCGの出来上がりが良かった。第1話は作画が気合入っていてとってもきれいに描かれていました。声優は他の多くの作品に関わっていて、主人公やっている悠木碧さんなのでキャラクターの花寺のどからをふんわりと演じてくれていました。

今回は、のどかよりもラビリンがプリキュアやメガビョーゲンなど、視聴者へ向けて分かりやすく説明してくれて、初めてプリキュアを見る子供や家族にとって伝わりやすい内容だったと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)