東京ミュウミュウ1話感想「ネコになる、正義の味方になるのは恋する少女」

ミュウイチゴ




東京ミュウミュウ1話「ネコになる、正義の味方になるのは恋する少女にゃん」の感想です。第三中学校に通う中学1年生桃宮いちごは気になっている青山雅也をデートに誘うことに成功する。当日に寝坊するが間に合った。レッドデータアニマルに興味があることを調査して展覧会で楽しく過ごしているのだが、白金稜と赤坂圭一郎が地球を救うためμプロジェクトを開始した。

[itemlink post_id=”15459″]

桃宮いちご

桃宮いちご青山雅也

第三中学校の中学1年生
年齢11歳
誕生日3月15日
血液型O型
身長152cm
体重42kg
CV:中島沙樹

性格はドジっ子で天然ボケ。真面目で頑張り屋さん。日常でも興奮したりすると猫の耳と尻尾が出てしまい困っていた。さらにドキドキしたりすると猫化してしまい、元に戻るにはキスをしないといけない。猫と会話が可能。おせっかいでうるさいイメージのキャラクターであるが、誰かのために一生懸命なところは評価できる。思ったことはすぐに発言して行動力がある。

μプロジェクト

白金稜桃宮いちご

地震が発生しイリオモテヤマネコがいちごの中に入ってきて眠りにつく。芝生の上で昼寝をしてしまったいちごを青山は3時間も待っていてデートは終了した。初デートで3時間も居眠りしてたら途中で起こしてあげた方がいいのでは?

翌日、青山は剣道部に朝練をしているのだが、ファンが多く先を越されたいちごは後方から見ている。青山と一緒のプリクラが飛ばされキャッチするのだが2階から落ちてしまい見事着地成功した。超人的な能力を発揮するのだが、雨が降ると予測したり、眠くなったり給食で魚が出ると無意識に銜えてしまった。語尾に「にゃん」とつけるようになってしまった。

自分がおかしいことに気づくと嫌な気配を感じる。青山はいちごを追いかけて捜していると、エイリアンに寄生されたキメラアニマに襲撃されてしまう。いちごも襲われそうになると「大丈夫か?桃宮いちご」と声をかけられ白金に助けてもらった。

「なんで私の名前を?」

「説明は後だあれを倒せ」

「お前見た目より重いな!お前は特別なんだ受け取れミュウイチゴ!」

「湧き上がってくる心の底から言葉が…」

白金は木の上からいちごを突き落とすと、再び着地してミュウイチゴへと変身するのだった。初変身シーンは尻尾にリボンが結ばれるところが印象的で全体的にピンクキャラである。今ではセーラームーンとプリキュアの間のイメージがありますね。

ミュウイチゴ

ミュウイチゴミュウイチゴ

「ミュウミュウストロベリーメタモルフォーゼ!」

ストロベルベルを使って必殺技のリボーンストロベリーチェックで浄化に成功。キメラアニマルはネズミの姿に戻り、R-2000がエイリアンを回収するのだった。

「お疲れさんすげーよ大成功じゃん!」

「何がどうなってるの?説明してよ」

「泣くなお前は選ばれたんだ。行くぞ!」

白金と赤坂はいちごに事情を説明するのだった。初戦闘シーンは変身後すぐに必殺技を決めてしまい、あまり盛り上がりませんでした。少女向けアニメならこんな感じでしょう。

声優

いちごの声優である中島沙樹さんは、ハヤテのごとくに登場する貴嶋サキを演じているのがイメージ強いです。サンデーで連載されていてアニメも放送されていたので知っている人は多いでしょう。

白金の声優である遠近孝一さんは勇者指令ダグオンの大堂寺炎のイメージが強いです。1996年のロボットアニメで年齢を全員高校生に引き上げ女性ファンを獲得した作品でもあります。

赤坂の声優である緑川光さんは勇者特急マイトガインの雷張ジョー、新機戦記ガンダムWヒイロ・ユイ、スラムダンクの流川楓のイメージが最強でしょう。初めて名前付きのキャラクターを演じたのはサイバーフォーミュラの新庄直樹です。

青山の声優である緒方恵美さん美少女戦士セーラームーンのセーラーウラヌス、幽遊白書の蔵馬、魔法騎士レイアースのイーグル・ビジョン、新世紀エヴァンゲリオンの碇シンジを演じています。

次回「新しい仲間、正義の味方は超お嬢様にゃん」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)